ローマ人への手紙9:1-29--神様の選びと言う疑問。神様の選びの不思議さ。(1)

聖書な中で、最も難しいコンセプトの一つは、神様の選びということです。つまり、神様が人々を聖徒として選ぶことです。

神様の選びを考えると、人間の自由意志というコンセプトと矛盾するようです。また、神様の選びというコンセプトは、神様がすべての人々を愛するという考え方と矛盾するようです。

私の意見を言う前に、私が言わなくてはならないのは、神様の選び、また、予定説に関して、私たちの知識は不完全だということです。その疑問をどう見ても、私たちはそのコンセプトを完全に理解することができません。

今日の個所で、パウロはユダヤ人に対する自分の悩みを表現します。なぜパウロは悩んでいたでしょうか。神様が自分自身をユダヤ人たちに現したのに、多くのユダヤ人たちはイエス様をメシアとして拒絶したから。パウロ自身がユダヤ人だから、特に悲しんでいました。

でもパウロは、アブラハムの子孫への神様の約束が無効になったわけじゃないと言いました。パウロは二つの理由を教えます。

一つの理由は、11章に書いてあります。もう一つの理由はこの個所に書いてあります。

パウロの最初の答えは、ただの系図によって、人々は「私はユダヤ人だ」と主張することができないことです。自分の意味を説明するのに、パウロはイサクとイシュマエルについて話します。

パウロは「肉の子供」と「約束の子供」と比較対照します。「肉の子供」というのは、自然に生まれた子供です。イシュマエルは肉の子でした。アブラハムはハガルという若い女性と寝て、結果イシュマエルが生まれました。でも、イサクが「約束の子でした」。アブラハムの妻サラはずっと不妊でした。でも、神様は「サラは息子を産む」と約束しました。そして彼女は90歳になった時、イサクを生みました。神様の約束と力だけによって、彼女はイサクを生むことができました。

そのように、アブラハムの子孫になるのは、自然のプロセスではなりません。それは系図によらないものです。むしろ、神様の恵みと約束だけによって、私たちはアブラハムの霊的な子孫になるのです。

でも、パウロはとても大切なポイントを教えます。その約束は私たちの行動に基づいていません。

エサウとヤコブの話を通して、パウロはそのポイントを描写します。

その子どもたちがまだ生まれもせず、善も悪も行わないうちに、選びによる神のご計画が、行いによるのではなく、召してくださる方によって進められるために、「兄が弟に仕える」と彼女に告げられました。(11-12)

パウロのポイントは何でしょうか。神様がヤコブを選んだ理由は、ヤコブがエサウよりも優れた人というわけではありません。ヤコブが品行方正だったというので、神様は彼を選んだわけではありません。むしろ、恵みによって、神様は自分の目的を果たすのに、ヤコブを選んで、約束をしました。

多くの人々は神様の選びをこのように説明しようとします。「神様は自分の予知によって人々を選びました。神様は誰が良い人になるか、悪い人になるかあらかじめ知っていました。また、神様は、だれが神様を選ぶか、選ばないかあらかじめ知っていました。だから、神様はその予知によって人々を選びました。」

でも、神様は人々をそのように選ぶなら、11節にあるパウロのポイントは無意味です。その考え方によれば、人々の行ったことによるわけではなく、人々が将来に何をするかという神様の知識によって、神様は人々を選びました。

でも、パウロによれば、神様の選びは人々の過去の行為や将来の行為によりません。むしろ、パウロは「行いによるのではなく(過去の行いでも、将来の行いでも)、召してくださる方によって」と言います。

そして、パウロは預言者マラキの言葉を引用します。

わたしはヤコブを愛し、エサウを憎んだ。(13)

私はその言葉をこの記事でもっと説明したけど、簡単に言うと、神様のポイントは、ヤコブの行為によらずに、神様の恵みと目的によって、ヤコブを選んだということです。

でもそれは不公平ではないでしょうか。神様は、だれを救うか、だれを地獄に送るか、みだりに選ぶのでしょうか。次の記事で、私はその疑問について話します。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中