ローマ人への手紙8:35-39--私たちが苦しんでも

今日の個所では、パウロは15-18節の話をまとめます。

15-16では、パウロは、私たちが神様とどのような関係を持つかを教えます。私たちは神様を恐れないで、神様の御前に来て「アバ、お父さん」と言う権利を持っています。

そして、17-18節では、パウロは、私たちがこの世界で苦しむときもあると警告します。時々、私たちはイエス様に従うゆえに苦しみます。時々、ただこの壊れた世に住むことによって、私たちは苦しみます。

でも、35節では、パウロは私たちにとても大切なことを思い出させます。私たちは苦しむとき、その言葉を覚えているべきです。

だれが、私たちをキリストの愛から引き離すのですか。苦難ですか、苦悩ですか、迫害ですか、飢えですか、裸ですか、危険ですか、剣ですか。こう書かれています。「あなたのために、私たちは休みなく殺され、屠られる羊と見なされています。」(35-36)

もちろん、その答えは、私たちをキリストの愛から引き離すことができるものが何もないということです。私たちが直面する苦難や、迫害や、災害や、飢えなどは、私たちをその愛から引き離すことができません。私たちは死んでも、神様の愛から離れません。

でも、パウロは続けます。

私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いたちも、支配者たちも、今あるものも、後に来るものも、力あるものも、高いところにあるものも、深いところにあるものも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。(38-39)

だから、霊的な力や、私たちの心配や将来への恐れや、この世にある力も、私たちをイエス様の愛から引き離すことができません。あなたが海底にいても、宇宙にいても、どこにいても、神様の愛はあなたに触れることができます。

だからパウロはこう言えます。

これらすべてにおいても、私たちを愛してくださった方によって、私たちは圧倒的な勝利者です。(37)

要するに、イエス様は十字架で勝利を得たので、最終的に私たちも勝利を得ます。十字架でイエス様はサタンを破って、その計画を狂わせました。

だから、サタンが私たちを誘惑したり、責めたり、苦しめたりしても、神様が私たちをまだ愛しているので、私たちには希望があります。そして、私たちをその愛から引き離すことができるものは何もありません。

だから、苦しむとき、その愛によって安心しましょう。その愛の慰めを受けましょう。なぜなら、神様の愛は私たちを決して手放さないから。そしてどんな試練に直面しても、その愛によって私たちは乗り越えます。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中