ローマ人への手紙8:26-28--私たちの希望の理由

聖書の中で、これは最も好きな個所の一つです。実は、26節から8章の最後までの言葉が大好きです。どうしてでしょうか。この個所は私たちの希望の理由を伝えるからです。

多くの人々は28節を引用します。

神を愛する人たち、すなわち、神のご計画にしたがって召された人たちのためには、すべてのことがともに働いて益となることを、私たちは知っています。(28)

でも、どうして、神を愛する人たちのために、すべてのことがともに働いて益となるのでしょうか。26-27節では、パウロはその理由を説明します。

同じように御霊も、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、何をどう祈ったらよいか分からないのですが、御霊ご自身が、ことばにならないうめきをもって、とりなしてくださるのです。人間の心を探る方は、御霊の思いが何であるかを知っておられます。なぜなら、御霊は神のみこころにしたがって、聖徒たちのためにとりなしてくださるからです。(26-27)

祈りの時に、しばしば私たちは何のために祈ったらいいか、また、どう祈ったらいいか分かりません。どうしても私たちの言葉が出なくて、祈れない時もあります。また他の時、私たちは間違っていることのために祈ってしまいます。私はイエス様のたとえを使うけど、私たちはパンのために祈ると思っているけど、実は、私たちは石のために祈っているときもあります。

でも良い知らせは、神様が私たちの弱さや、間違ている祈りに限定されていないということです。神様が一番望んでいるのは、私たちが神様と話していることです。私たちが祈るとき、聖霊様は私たちのためにとりなしてくださいます。聖霊様は、私たちのうめきや、言葉のない祈りや、間違った祈りを取って、神様の御心に合う祈りに変えてくださいます。

だから、パウロはこう言えます。

神を愛する人たち、すなわち、神のご計画にしたがって召された人たちのためには、すべてのことがともに働いて益となることを、私たちは知っています。(28)

私にとって、その言葉はとても心強いです。

私の娘が赤ちゃんの時に、時々私と私の妻はフラストレーションを感じました。なぜなら、娘が泣いた時、どうして泣いていたかわからなかった時もあったから。彼女の泣き声や叫びは私たちに彼女のニーズをちゃんと伝えませんでした。だから、私たちは彼女のニーズを推測しなくてはなりませんでした。当たっていたときもあったけど、全然当たっていない時もありました。

でも、私たちがうめいたり、言葉を使わずに祈っても、聖霊様は私たちのニーズをよくご存じです。だから聖霊様はちゃんととりなすことができて、私たちを助けることができます。

あなたはどんな試練に直面しているでしょうか。祈るときに、フラストレーションを感じるでしょうか。あなたの祈りが天井にぶつけて止まるように感じるでしょうか。

希望があります。今なお、聖霊様はあなたのためにとりなしてくださいます。そして、その祈りは神様の御心に合っています。だから、安心してください。神様は働いて、あなたの試練から良いことをもたらします。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中