ローマ人への手紙8:12-17--全く違う関係に導かれた

もしかしたら、6章で自分が書いた言葉を考えてみたら、パウロはその言葉をもっと説明したほうがいいと思ったのかもしれません。

6章では、パウロが書いたのは、私たちがかつて罪の奴隷だったけど、今私たちが神様の奴隷だということです。

「神様の奴隷」という言葉はちょっと不思議な言葉です。たぶん、パウロのポイントは、私たちが完全に神様のものになったということでしょう。でも、「奴隷」を聞くと、「自由がない」とか「罰の恐れ」というイメージが思い浮かぶでしょう。

だから、パウロはその誤解を解こうと思ったかもしれません。パウロはこう言いました。

あなたがたは、人を再び恐怖に陥れる、奴隷の霊を受けたのではなく、子とする御霊を受けたのです。この御霊によって、私たちは「アバ、父」と叫びます。御霊ご自身が、私たちの霊とともに、私たちが神の子どもであることを証ししてくださいます。子どもであるなら、相続人でもあります。私たちはキリストと、栄光をともに受けるために苦難をともにしているのですから、神の相続人であり、キリストとともに共同相続人なのです。(15-17)

つまり、聖霊様はあなたを導くけど、全然厳しい主人ではありません。あなたが罪を犯したり、失敗したりしたら、聖霊様は鞭であなたを罰しません。また、「あなたはだめな人だ。天の父は決してあなたなんて受け入れることができません。」と言いません。

むしろ、私たちが自分の失敗を見て、絶望するとき、また、放蕩息子のように神様を「お父さん」と呼ぶ権利がないと思う時、聖霊様は私たちの心にささやきます。「ちょっと待ってよ。あなたはまだ神様の子だよ。天の父はまだあなたを愛しているよ。神様をお父さん」と呼んでもいいよ。天の父はそれを聞いて、本当に喜ぶから。」

そして、私たちが試練に直面して、苦しむとき、聖霊様は、私たちがまだ希望があると思い出させます。私たちは神様の相続人だから。そして、私たちの苦しみは永遠に続けません。

簡単に言うと、私たちは単なる奴隷ではありません。私たちは神様の愛する子供です。それを決して忘れないでください。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中