ローマ人への手紙8:1-16--私たちを責める言葉が一つもない

映画中で私がもっとも好きな映画の一つは「 ア・フュー・グッドメン」です。

とても印象的なシーンは、軍事裁判所で二人の被告は判決を聞くときです。その直前、海兵隊の大佐は、その海兵隊員たちに別の海兵隊員を「しつける」ように命じたことを認めました。でもその命令によって、彼らはその海兵隊員を誤って殺してしまいました。

もちろん、その大佐は逮捕されたましたが、そのあとに陪審員たちはまだその二人の海兵隊員に関して、どうするべきか決めなくてはなりませんでした。

陪審員が判決を決めて後、裁判官はその判決を読みました。

「殺害の容疑に関して、陪審は被告人たちに無実の判決を下します。」

「殺害を謀る容疑に関して、陪審は被告人たちに無実の判決を下します。」

それを聞いて、たぶん皆はその二人が全然罰されないと思いました。

でも、裁判官は続けました。

「米国の海兵隊員としてのふさわしくない行為の容疑に関して、陪審は被告人たちに有罪の判決を下します。」

そして、裁判官はその宣告を下しました。

でも、その裁判官と違って、パウロは私たちについて全然違うことを言います。

こういうわけで、今や、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。(1)

ある聖書学者は、この個所をこのように言い換えました。「神様は私たちに責める言葉を一つも言いません。」

その映画の裁判官と違って、神様は「この容疑に関して、あなたに無罪の判決を下す。この容疑に関して、あなたに無罪の判決を下す。でも、この容疑に関しては、あなたに有罪の判決を下す」と言いません。むしろ、神様は私たちに「すべての容疑に関して、あなたに無罪の判決を下します。」と言います。

どうしてでしょうか。

なぜなら、キリスト・イエスにあるいのちの御霊の原理が、罪と死の原理からあなたを開放したからです。(2)(「原理」は別訳です。聖書の脚注を見てください。)

罪と死の原理とは、何でしょうか。それは、「罪を犯すと、あなたは死ぬ」という原理です。もし神様の律法に違反すると、あなたは裁かれます。私たち皆、罪を犯したので、もう裁かれています。

でも、御霊の原理は私たちを罪と死の原理から解放します。御霊の原理とは、何でしょうか。それは、私たちが神様の恵みによって、神様に義と認められることです。御霊が私たちのうちに住んでおられるので、私たちは新しい命を受けました。

パウロは続けます。

肉によって弱くなったため、律法にできなくなったことを、神はしてくださいました。神はご自分の御子を、罪深い肉と同じような形で、罪の清めのために遣わし、肉において罪を処罰されました。それは、肉に従わず御霊に従って歩む私たちのうちに律法の要求が満たされるためなのです。(3-4)

律法にできないことは何でしょうか。律法には、私たちを義人にすることができませんでした。どうしてでしょうか。律法は何が善か悪かを示すことしかできませんでしたから。でも、私たちが神様に逆らう罪深い心を持っていたので、私たちはその律法に従いたくありませんでした。

神様はそれを見て、何をしたでしょうか。神様はその罪に対処するためにイエス様を遣わしてくださいました。イエス様は罪を犯さずに、完全に律法に従いました。そして、十字架で、天の父はイエス様に私たちの罪を置きました。私たちの代わりに、イエス様は私たちの罰を受けてくださいました。律法によれば、すべての罪は罰せられなくてはなりません。イエス様が十字架で死んだとき、私たちのすべての罪は罰されました。だから、イエス様を通して、律法の要求が満たされました。

でもそれだけではなく、私たちがクリスチャンになるとき、神様が聖霊様を遣わして、聖霊様は私たちのうちに住むようになります。そして聖霊の導きによって、私たちは義人として生き始めます。私たちが、死んだ罪深い心の影響を感じるかもしれないけど、聖霊様が罪に対して勝利を与え、私たちは神様の計画通りに生き始めます。

そして、私たち裁かれるかのように感じるとき、また、神様の愛と恵みにふさわしくないと感じるとき、聖霊様は私の心にささやきます。「あなたは神様の子供です。あなたは神様に属する者です。あなたはもう裁かれていません。」

あなたはどうですか。「神様は、私が安心することを待って、そしていきなり私をきっと罰する」と思うでしょうか。

神様は絶対そうしません。あなたが神様に属するなら、あなたに対して責める言葉が一つもありません。

だからパウロはこう言います。

あなたがたは、人を再び恐怖に陥れる、奴隷の霊を受けたのではなく、子とする御霊を受けたのです。この御霊によって、私たちは「アバ、父」と叫びます。(15)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中