ローマ人への手紙7:7-13--罪の悪さ

5節でパウロは、私たちが罪深い心と「結婚」している間、律法によって、罪の欲情はもたらされた、と言います。

だから当然の疑問は、「律法は悪いものなのですか。律法は罪なのですか。」ということです。「だって、律法は私たちの罪の欲情をもたらすでしょう?律法のせいで、私は罪を犯すでしょう?」

でもパウロはこう答えます。

決してそんなことはありません。むしろ、律法によらなければ、私は罪を知ることはなかったでしょう。実際、律法が「隣人のものを欲してはならない」と言わなければ、私は欲望を知らなかったでしょう。(7)

要するに、律法は良いものです。律法は罪ではありません。むしろ、律法を通して、私たちは罪が認識できます。その知識によって、私たちは罪を避けることができます。

では、問題は何でしょうか。

しかし、罪は戒めによって機会をとらえ、私のうちにあらゆる欲望を引き起こしました。(8a)

この個所では、パウロは罪を擬人化します。このたとえで、罪は律法を見ると、こう言います。「ああ、神様はこんな行為が嫌いなの?」

そして、罪は私たちがの罪深い心に誘います。「神様の律法に違反しよう。」

私たちの罪深い心には、もう神様に反抗する傾向があるので、喜んで律法に違反します。

次に、パウロはこう言います。

律法がなければ、罪は死んだものです。(8b)

それはとても大切な真理です。私たちは存在しない律法に違反することができません。私たちは悪いことをするかもしれないけど、律法がないなら、神様はその違反のために私たちを裁くことができません。律法のない時、神様は一つののことのために人を裁きました。それは、彼らが神様に背を向けて、自分の道を行ったことです。実は、その態度はすべての罪の根本です。

でも、神様はモーセを通して、私たちに律法を現しました。その律法を通して、神様は人々に命への道を現しました。つまり、彼らは神様がどんな方であるか分かったし、神様が人間をどのようにデザインしたか現したことです。

神様がイスラエル人に律法を与えた時、彼らはどのように反応したでしょうか。彼らは、「これはいのちへの道だろうか。良かった。それに従おう」と言ったでしょうか。違います。パウロはこう言いました。

私はかつて律法なしに生きていましたが、戒めが来たとき、罪は生き、私は死にました。それで、いのちに導くはずの戒めが、死に導くものであると分かりました。(9-10)

どうしてでしょうか。

罪は戒めによって機会をとらえ、私を欺き、戒めによって私を殺したのです。(11)

要するに、戒めが来ると、戒めに違反する可能性が生まれました。そして、罪は生き、私たちを欺いたので、私たちはその戒めに違反しました。だから、私たちは裁かれました。

以前言ったように、この話ではパウロは罪を擬人化しています。罪は実に人ではありません。また、パウロが「罪」と言う時、サタンに触れないと思います。(でも、もちろんサタンは私たちを誘惑しようとします。」

パウロの要点は、神様が律法を現すと、律法に違反する機会も来たのです。また、私たち皆は罪深い心を持つので、その機会を見ると、罪を犯してしまいました。

その結果は何でしょうか。それは死です。

パウロはこの話をこのようにまとめます。

ですから、律法は聖なるものです。また戒めも聖なるものであり、正しく、また良いものです。(12)

簡単に言うと、「律法が問題ではありません。律法は良いものです。問題はあなたです。あなたは律法に違反したので、死に値します。」ということです。

そして、パウロはこう訊きます。

それでは、この良いものが、私に死をもたらしたのでしょうか。(13a)

つまり、「パウロ、あなたは律法が良いものだと言うけど、その律法によって私は裁かれて、死ななければならないなら、それは良いことじゃないでしょう?」ということです。

でも、パウロは答えます。

決してそんなことはありません。むしろ、罪がそれをもたらしたのです。罪は、この良いもので私に死をもたらすことによって、罪として明らかにされました。罪は戒めによって、限りなく罪深いものとなりました。(13b)

パウロは何を言いたいのでしょうか。彼はこう言ってます。「今更あなたは、どうして罪がそんなに悪いか分かります。罪は良いものを曲げて、悪い結果をもたらします。律法はいのちへの道を現すけど、罪は律法を通して人々を滅ぼしました。」

考えてみれば、罪はいつも良いものを曲げます。例えば、セックスはとても良いものです。セックスを通して夫婦は互いに愛を表し合うし、子供ができます。でも、罪がセックスを曲げたので、私たちの社会には、レイプや、姦淫や、ポルノがあります。

律法の主な役割の一つは、私たちが罪の悪さが理解することです。それが分からないと、人々は自分が救い主を必要とすることが決して分かりません。だから私たちは律法を必要とします。

あなたはどうですか。罪の悪さが本当にわかっているでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中