ローマ人への手紙7章--破れた力

この個所を始めて読んだとき、私は本当に混乱しました。というのも、パウロは自分のポイントを説明するのに、結婚の比喩を使いました。でも、その比喩の使い方はちょっとちぐはぐです。

つまり、パウロは私たちと律法との関係や、私たちと神様との関係について話した時、結婚の比喩を使ったのです。

その比喩では、ある男性が亡くなったので、結婚の律法はその妻に対して、もう効力がなかったのです。つまり、その律法によれば、その夫が生きている間、彼女は別の人と結婚することができませんでした。でも、彼が亡くなったら、彼女は別の人と結婚することができました。

だから、私はこう考えました。「この比喩では、夫は誰でしょうか。妻は誰でしょうか。パウロによれば、私たちは律法に対して死にました。だから、私たちが夫で律法が妻なのだろう。いや、違う。だって、その比喩では、夫が死ぬと妻は別の人(つまりキリスト)と結婚することができる。律法はキリストと結婚するの?」それはナンセンスです。さらに、パウロが言ったのは、私たちがキリストと結婚するということです。

では、律法が夫で、私たちは妻でしょうか。いや、違います。パウロは律法が死ぬとは言いませんでした。逆に、パウロは、私たちが死んだと言いました。

最終的に、私たちはパウロの比喩の使い方に拘りすぎない方がいいです。パウロがあるポイントを伝えたいと思って、その比喩の使い方がちょとちぐはぐでも、私たちはパウロの比喩に拘らずに、そのポイントを理解しようとした方がいいです。

それでは、パウロの要点は何でしょうか。

「死によって、人に対する律法の力が破れます。」

だから結婚の場合、夫の死によって、その妻に対する結婚の律法の力は破れます。私が以前言ったように、夫が生きている間は、律法によって、彼女は別の人と結婚することができませんでした。でも、夫が亡くなったので、その律法が彼女に当てはめられないので、彼女は別の人と結婚することができます。

私たちの場合、私たちは別の律法の下でした。それは神様の律法です。その律法は何の行為が良いか、悪いか、を教えていました。その律法によって、私たちが罪を犯すと、私たちは裁かれました。さらに、私たちが罪を犯したので、私たちは神様から離れました。神様との関係ができませんでした。

でも、キリストにあって、私たちは死にました。ローマ書6章で、私たちはそう読みました。イエス様が十字架で死んだとき、私たちはイエス様と一緒に死にました。そして、イエス様は私たちを新しい人として復活させました。(6:3-7)

バプテスマはその真理の描写です。水はお墓の描写です。そして、私たちが水に沈むとき、それは霊的な真理を表します。私たちの古い人生、つまり、自分のために生きる私たち、また、神様に反抗する私たちは死にました。そして、私たちは新しい人として復活します。私たちは神様に従いたいのです。私たちはこれから神様のために生きたいのです。でも、もっと大切なのは、聖霊様を通して、神様は私たちのうちに住んでおられことです。神様は私たちに神様を喜ばせたい望みを与えるし、その望みを実現する力を与えてくださいます。

では、パウロのポイントに戻りましょう。私たちがイエス様と一緒に死んだので、神様の律法は私たちに対して力がもうありません。私たちと神様との関係は、私たちが律法を守ることに基づいていません。その関係は神様の恵みと、イエス様の十字架の働きに基づいています。律法は私たちをもう裁くことができません。なぜなら、イエス様は私たちの罪の罰を受けてくださったから。私たちが罪を犯しても、律法は私たちを神様から離すことができません。むしろ、イエス様にあって、私たちは神様との関係があります。

イエス様と教会の関係が、新郎と新婦の関係として描写したことは、偶然ではないと思います。教会の一員として、私たちはイエス様と結婚しています。そして私たちはイエス様のために実を結びます。もちろん私たちは文字通りの子供たちを生むという意味ではありません。でも、私たちが霊的な実を結ぶにつれて、つまり、私たちが神様の愛と福音をシェアするにつれて、神様の国は大きくなります。

その真理に思いを巡らして、喜びましょう。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中