ローマ人への手紙5:20-21--治める恵み

この個所は二つの真理を現します。一つ目は、律法の不備です。二つ目は、恵みの力です。

パウロはこう言いました。

律法が入って来たのは、違反が増し加わるためでした。(20)

それはちょっとおかしく聞こえるでしょう。人の罪を増やすことが神の律法の目的なのでしょうか。

でも13節を読むと、パウロの意味はちょっと分かりやすくなります。

実に、律法が与えられる以前にも、罪は世にあったのですが、律法がなければ、罪は罪として認めらないのです。(13)

律法が存在する前に、人々は悪いことをしました。でも、人々が神様の基準を知らないかぎり、その基準によって裁かれません。それでも、神様に背を向けたので、そのことによって彼らは裁かれました。さらに、自分の良心や律法に反したので、彼らの良心や律法が神様の基準に合った限り、彼らは裁かれました。(ローマ2:14-15)

でも、彼らの良心や律法は不完全でした。それらは汚い鏡みたいでした。だから、神様は自分の律法を人々に与えました。その律法によって、人々は何が良いか、何が悪いかはっきりとわかるようになりました。でも、彼らがその律法を知るにつれて、罪が増えました。なぜなら、彼らはあえて神様の律法に違反し始めたたから。

それは律法の不備です。律法は私たちを良い人に変えることができません。むしろ、私たちが罪が何かわかるので、私たちの責任は増えます。それに、私たちは罪人の心をもって、神様に逆らうので、その律法を見ると、罪をもっと犯したいと思います。

その結果は?死です。

でも、よい知らせがあります。

しかし、罪の増し加わるところに、恵みも満ちあふれました。それは、罪が死によって支配したように、恵みもまた義によって支配して、私たちの主イエス・キリストにより永遠のいのちに導くためなのです。(20b-21)

「どうして神様が律法を与えたでしょうか。私たちの責任が増えれば増えるほど、私たちの罰は厳しくなります。神様がそれを知っていても、律法を私たちに与えました。それはひどくない?神様は罰したいのだろうか。」と思う人がいるかもしれません。

でも、パウロはそのように考えませんでした。むしろ、どんなに罪が増えても、イエス様を救い主として受け入れる人に対して恵みが満ち溢れます。神様の恵みが覆うことができない罪が何もありません。

さらに、人がどんなに悪くても、神様の恵みはその人を変えることができます。パウロは、「恵もまた義によって支配する」と言いました。

もちろん、恵みによって、神様が私たちを見れば「この人は無罪だ」と言いますけど、それだけではなく、神様の恵みによって私たちは新しい心を受けます。その新しい心を受けるので、私たちは自然に良いことを行い始めます。私たちはの考え方や、行為や、言葉は神様を喜ばせます。言い換えると、私たちは神様の思いに義人になるだけではなく、私たちは実際に義人になります。究極的に、神様の私たちの中の働きの結果は永遠のいのちです。

だから恵みは驚くべきものです。あなたがどんなに悪くても、神様の恵みはあなたを変えることができます。あなたがするべきことは、ただその恵みを受けることです。

あなたはどうですか。神様の恵みを本当に知っているでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中