ローマ人への手紙5:15-21--良い伝染

「良い伝染」と言う表現を作ったと言いたいですけど、実はC.S.ルイスがその表現を発明しました。(もし、ルイスの「キリスト教の精髄」をまだ読んでいないなら、私はその本を本当に勧めます。)

とにかく、昨日私たちは「悪い伝染」について話しました。つまり、アダムを通して、私たち皆に罪が伝染しました。私たちの犯した罪によって罪人になるわけではありません。むしろ、私たちは罪人として生まれたので、罪を犯します。

でも、イエス様を通して、良い伝染が来ます。パウロはこう書きました。

しかし、恵みの賜物は違反の場合と違います。もし一人の違反によって多くの人が死んだのなら、神の恵みと、一人の人イエス・キリストの恵みによる賜物は、なおいっそう、多くの人に満ちあふれるのです。また賜物は、一人の人が罪を犯した結果とは違います。さばきの場合は、一つの違反から不義に定められましたが、恵みの場合は、多くの違反が義と認められるからです。もし一人の違反により、一人によって死が支配するようになったのなら、なおさらのこと、恵みと義の賜物をあふれるばかり受けている人たちは、一人の人イエス・キリストにより、いのちにあって支配するようになるのです。

こういうわけで、ちょうど一人の違反によってすべての人が不義に定められたのと同様に、一人の義の行為によってすべての人が義と認められ、いのちを与えられます。すなわち、ちょうど一人の人の不従順によって多くの人が罪人とされたのと同様に、一人の従順によって多くの人が義人とされるのです。(15-19)

ようするに、アダムを通して罪が伝染したので、たくさんの人々が死にました。でもイエス様を通して恵みと義が伝染したので、イエス様を受けた人々は永遠の命を受けます。

言い換えると、アダムを通して罪が私たちに伝染したので、私たちが裁かれたように、イエス様を通して義が私たちに伝染したので、私たちは義と認められました。

さらに、その良い伝染を通して、私たちは全く違う人になりました。でも良かったのは、私たちはゾンビにならないことです。むしろ、私たちは新しい本性を受けます。つまり、私たちは義人の本性を受けます。だからクリスチャンは、自分の良い行いによって、義人になるわけではありません。むしろイエス様にあって、私たちが義人になるので、私たちは自然に良いことをし始めます。

だから、パウロはこう書いた。

ですから、だれでもキリストのうちにあるなら、018その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、019すべてが新しくなりました。(第二コリント5:17)

要するに、イエス様にあって、私たちは本当に生き始めます。

私たちを通して、周りの人々に神様からの義が伝染するように。そうすれば、彼らも本当に生き始めます。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中