ローマ人への手紙5:1-11--神様は私を罰しているでしょう

前回の記事で、私は6ー8節について話したけど、その個所を文脈に戻した方がいいと思います。そうすれば、私たちにはパウロのポイントをもっとはっきりと見えるようになるでしょう。

パウロが言ったのは、私たちは苦難さえも喜んでいるということです。なぜなら、その苦難は忍耐を生み出すし、忍耐は練られた品性を生み出すし、その品性は希望を生み出しますから。

でも、多くのクリスチャンたちは苦難に臨むとき、喜びません。かえって彼らは苦々しい思いを保ちます。彼らは忍耐を持たずに、あきらめます。また、希望を持たずに、絶望してしまいます。

どうしてでしょうか。

多くの人々は、神様が彼らを罰していると思いますから。彼らが失敗したので、神様が怒って、彼らを苦しませていると思います。

さらに、時々彼らはそう感じるけど、どうして神様が彼らを罰しているか分かりません。だから、彼らはその罰が不公平だと思います。

でもパウロは何を言いますか。

「神様があなたを罰しているという考え方を捨てなさい。」

パウロは説明します。「ちょっと考えてみてください。あなたがクリスチャンになる前に、あなたは神様に背を向けて、罪をたくさんを犯したのに、イエス様はあなたのために死んでくださいました。イエス様は、あなたの悔い改めのために待ちませんでした。イエス様は、あなたが自分自身を清めるために待ちませんでした。あなたがイエス様を求める前に、イエス様はあなたを探していて、手を伸ばしました。

ルールに拘る人のために死ぬ人はほとんどいないでしょう。優しい人のために死ぬ人はいるかもしれないけど。でも、あなたが神様のルールを違反したり、神様や周りの人々を傷つけたのに、神様はあなたを愛してくださいました。

神様はあなたのために自分の御子を送って、イエス様があなたのために死にました。

神様がそうしてくださったのに、どうして神様があなたを罰していると思うでしょうか。」

パウロはこう言いました。

ですから、今、キリストの血によって義と認められた私たちが、この方(つまり、イエス様)によって神の怒りから救われるのは、なおいっそう確かなことです。敵であった私たちが、御子の死によって、神と和解させていただいたのなら、和解させていただいた私たちが御子のいのちによって、救われるのは、なおいっそう確かなことです。(10-11)

つまり、神様の目には、私たちはもう義と認められたのです。だからどうして、「神様は私を罰している」と思うでしょうか。私たちは神様の怒りからもう救われました。そして、私たちが神様の敵であった時に、神様が御手を伸ばしていたら、今私たちが神様の友達で、神様は御手を伸ばしてくださらないでしょうか。

だから苦難に臨んでも、私たちは喜ぶことができます。神様は私たちを罰していません。神様は私たちの試練を無視していません。むしろ、神様が私たちを罪から救ったように、私たちの試練から救ってくださいます。

だから、パウロはこう言います。

それだけではなく、私たちの主イエス・キリストによって、私たちは神を喜んでいます。キリストによって、今や、私たちは和解させていただいたのです。(11)

あなたは苦難に臨んでいるでしょうか。神様があなたを罰しているかどうか疑問に思っているでしょうか。覚えていてください。神様はあなたを罰していません。もし神様に信頼するなら、火の中を歩いても、あなたは焼かれません。むしろ、その火を通して、神様はあなたを清めて、強めます。だから諦めないでください。絶望しないでください。むしろ神様に信頼し続けてください。

神様はこう言いました。

この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。(5)

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中