ローマ人への手紙5:6-8--恵みとは

私は高校生の時にこの個所を暗記しました。それは何年も前だったけど、今でもよく覚えていて、英語で唱えることができます。(日本語では無理だけど。)

実にキリストは私たちがまだ弱かったころ、定められたときに、不敬虔な者たちのために死んでくださいました。正しい人のためであっても、死ぬ人はほとんどいません。善良な人のためなら、進んで死ぬ人がいるかもしれません。しかし、私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死なれたことによって、神は私たちに対するご自分の愛を明らかにしておられます。(6-8)

私が高校生の時も、今も、その言葉は私の心を打ちました。

神様は、私たちができることをしてくださったわけではありません。私たちは自分自身を救うことができませんでした。私たちは自分の罪の中で溺れていました。私たちは救命浮輪を持たなかったし、船は全然なかったのです。私たちは自分を救う力を持たなかった。それでも、私たちは神様を求めなかったし、誰かの助けさえ求めませんでした。

でも、私たちが神様に背を向けたのに、神様はイエス様をこの世に送りました。十字架でイエス様は私たちの罪のために死んで、私たちの罰を受けてくださいました。だから私たちには、神様との和解ができます。

パリサイ人のような正しい人のために死んでくれる人は、ほとんどいません。なぜなら、パリサイ人のような人は、ルールを守るかもしれないけど、いつも人を責めるから。でも優しい人のために死んでくれる人は、いるかもしれません。

でも、私たちはルールを守らなかったし、そんなに優しい人ではありませんでした。私たちは神様に反抗しました。私たちは神様に背を向けて、自分の道を行きました。だから、私たちは神様や、周りの人々や、私たち自身を傷つけました。でも、神様は私たちに背を向けて、捨てるわけではありませんでした。

むしろ神様は人間になって、私たちの代わりに死んでくださって、三日目によみがえられました。

それは恵みです。私たちは、神様から良いものに値しませんでした。逆に私たちは刑に値しました。それでも、神様は私たちを愛して、救いました。

神様を信じる私たちは、その恵みを受けました。私たちは有罪なのに。私たちはその愛に値しないのに。私たちは罪で汚れたのに。私たちは惨めな人だったのに。それは本当に驚くべき恵みです。

Amazing grace,
驚くべき恵み。
How sweet the sound,
恵みという言葉は本当に美しいです。
That saved a wretch like me,
その恵みは惨めな私を救いました。
I once was lost,
私は迷子の羊のようでした。
But now I’m found.
でも、神様は私を見つけました。
Was blind but now I see.
私は盲人だったけど、今私は見ることができます。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中