ローマ人への手紙3:9-20--でも私は、そんなに悪くないでしょう?

多くの人々は、「いい人であっても、大勢の人々がイエス様を信じていない。どうして神様は彼らを拒絶するの?どうして、永遠の命を望みたいと思うなら、クリスチャンにならなくてはいけないだろう。例えば、ガンジーはとてもいい人だった。 殺害やレイプを犯す人が地獄に行くのは理解できるけど、どうしてガンジーは地獄に行かなくてはならないでしょうか。」と疑問に思います。

多分、あるクリスチャンたちも、そのことを疑問に思います。

でも、その考え方の問題は、私たちの「良い」というコンセプトがゆがんでいることです。

私たちは自分勝手に、「良い」を定義することができません。

また、「良い」という基準は神様の外のものではありません。神様は決して「私は「良い」という基準に従わなくてはならない」と思いません。神様自身が「良い」の基準です。だから、何が良いか知りたいと思うなら、私たちは神様を見なくてはなりません。「良い」という定義は、神様の性格から流れるから。

そして、どんな行為が良いか悪いかを知りたいと思うなら、神様がどのように人間をデザインしたか見なくてはなりません。それは神様の律法の目的です。その律法を通して、私たちは神様がどんな方であるか分かるし、私たちがどのように生きるべきか分かります。

だから、私たちの「良さ」を計りたいと思うなら、私たち自身を周りの人々と比べてはなりません。彼らの人生は「良い」という基準ではないから。また、私たちの文化の基準を使ってはいけません。私たちは神様を見て、神様の性格によって私たちを計らなくてはなりません。

でも、そうすると、「良い」という基準に満たす人は誰もいません。だからパウロはこう言いました。

私たちがすでに指摘したように、ユダヤ人もギリシア人も、すべての人が罪の下にあるからです。次のように書いてあるとおりです。

「義人はいない。一人もいない。悟る者はいない。神を求める者はいない。すべての者が離れて行き、だれもかれも無用の者となった。善を行う者はいない。だれ一人いない。」(9-12)

パウロは何を言いたいのでしょうか。

神様の前に、自分の義を誇ることができる人が誰もいないことです。神様は彼らの義を認めません。なぜでしょうか。彼らは「義」の意味さえ正しく分からないから。どうして彼らは「義」ということがちゃんとわからないでしょうか。なぜなら、彼らは神様を求めないから。むしろ、彼ら神様に背を向けます。

そして、神様に背を向けることは、一番ひどい罪です。レイプだはなく、殺害ではなく、神様に背を向けるのは一番ひどい罪です。なぜでしょうか。

なぜなら、私が以前言ったように、「良い」という定義は、神様の性格から流れるから。神様は「善」の源です。人々が善の源に背を向けるとは、「悪」の定義ではないでしょうか。善の源に背を向けると、どうなるでしょうか。あなたの心から悪が流れて、あなたは悪いことを言ったり、悪いことをしたりします。

あなたは、何回ぐらい嘘をついたでしょうか。あなたは、何回ぐらい人の悪口を言ったでしょうか。何回ぐらい苦い言葉があなたの口から流れたでしょうか。何回ぐらいあなたの言葉で相手を傷つけたでしょうか。そんな言葉は良い心から流れるでしょうか。

どれだけ、自分の悪い決断によって、あなたの人生はめちゃくちゃになったでしょうか。どれだけ、あなたは自分の行為によって、人々を傷つけたでしょうか。

どれだけあなたは、「神様のみ言葉をよく知っているけど、私は自分の道を行きます。」と言ったでしょうか。

もし、あなたが正直な人なら、あなたは上記のことを全部犯したと認めるでしょう。

だからパウロはこう言いました。

私たちは知っています。律法が言うことはみな、律法の下にある者たちに対して語られているのです。それは、すべての口がふさがれて、全世界が神のさばきに服するためです。なぜなら、人はだれも、律法を行うことによっては神の前に義と認められないからです。律法を通して生じるのは罪の意識です。(19-20)

ガンジーが神様の前に立って、神様が彼を裁くと、ガンジーは何も言えなくなります。なぜなら、神様がガンジーの罪を全部明らかにして、ガンジーはその罪を認めます。それだけでなく、ガンジーは「私はその罪を犯した瞬間、私が悪かったと知っていました」と認めます。

ガンジーは全然言い訳を持っていません。なぜなら、彼が聖書を全部知らなくても、彼自身の良心は彼を裁いたから。でも、ガンジーは、きっとちょっとでも聖書を読んだことがあったでしょう。

(どうしてクリスチャンにならないと聞かれたら、ガンジーはこう言いました。「あなたのキリストは好きです。クリスチャンのことは好きじゃないなです。なぜなら、クリスチャンたちはキリストと全然違うから。」でも、それは別の話です。)

とにかく、彼が聖書を読んだとき、彼の責任が増えました。なぜなら、鏡のように聖書はガンジーに自分の罪を現したから。

そのように、あなたがイエス様を拒絶すると、裁きの日に、あなたも言い訳を持たないので、神様に裁かれます。

だから自分自身をだまさないでください。「私はそんなに悪くはない」と主張しないでください。私たち皆は罪人で、神様の恵みを必要とします。裁きの日にそう認めるより、今認めた方がいいです。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中