ローマ人への手紙3:8--嘘も方便でしょう?

昨日、私たちは、神様が裁く人間の態度について話しました。パウロの時代でも現代でも、人々は同じようなことを言います。でももちろん、その応用はちょっと違います。

例えば、パウロの時代に、ある人々はこう言いました。

善をもたらすために悪を行おう。(8)

パウロの時代では、その応用は「もし私たちが悪いことをすると、周りの人々は人間と神様の違いがよく分かって、神様の良さが明らかになる。だから悪いことをしよう。」ということです。

それは本当に曲がった考え方なので、パウロはその人々を叱責しました。

でも今なお、人々は似たことを言います。つまり、「嘘も方便」ということです。また、「目的は手段を正当化する。」とも言います。

ようするに、「私が悪いことをしていることをわかっているけど、私の動機は良いものだ。」ということです。

例えば、「ノンクリスチャンと結婚してはいけないと分かるけど、結婚すると、もしかしたら、その人はクリスチャンになるかもしれない。」

また、「嘘をついてはいけないと分かるけど、真実を言うと、相手を傷つけてしまいます。」

最近アメリカで、大学で大きいスキャンダルが起きました。自分の子供が大学に受け入れられるために、33の人が賄賂を使って、その子供の受験の点数が変えられました。彼らの言い訳は、「私たちは子供を愛しています。彼らの最善を望みます。」

でも、神様はそんな考え方を裁きます。神様は結果だけではなく、手段も気にします。私たちが手抜きをしようとしたら、それは大変な状態に至るでしょう。

ユダヤ人とほかのアラブ人の問題をちょっと考えてみてください。どうしてそんな問題があるでしょうか。何千年も前に、アブラハムは「目的は手段を正当化する。」と思いました。

神様はアブラハムに約束しました。「私はあなたに子供を与えます。その子を通して、全世界は祝福されます。」

でも、何年間経っても、アブラハムにはまだ子供がいませんでした。だから、アブラハムは神様を手伝おうと思いました。彼は奥さんサライの女奴隷と寝て、赤ちゃんが生まれました。

実は、それはアブラハムの奥さんの勧めでした。それにその文化では、アブラハムの行為は不思議なことではありませんでした。実は、たぶん皆がアブラハムの決断に賛成したでしょう。

でも、それは神様の望みではありませんでした。そして、今なお、ハガルの子孫(アラブ人)は、いつもサライの子孫(ユダヤ人)と戦います。もし、アブラハムがその悪い決断をしなければ、その何千年の問題は全然なかったでしょう。

あなたはどうですか。あなたは信仰によって生きているでしょうか。あなたは神様の道を行って、神様があなたを祝福してくださることを信じるでしょうか。

もしかしたら、あなたは言い訳を言って、「良い目的」のために悪いことをするでしょうか。

神様の目には、あなたの動機が良くても、悪い手段を大目に見ません。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中