ローマ人への手紙2:25-29--本当の割礼

パウロの時代に、ユダヤ人たちの一つの問題は、神様に関して大きい誤解をもっていました。つまり、彼らは、神様が人の外見のことより、人の心を気にすることを忘れていたのです。特に彼らは、割礼を受けると、神様に義と認められると思っていました。でも、彼らは、心の中の罪を無視しました。

神様は、旧約聖書の預言者たちを通して、その問題について警告しました。預言者エレミヤを通して、神様はこう言いました。

見よ、その時代が来るーー主のことばーー。そのとき、わたしはすべて包皮に割礼を受けている者を罰する。エジプト、ユダ、エドム、アンモンの子ら、モアブ、および荒野の住人で、もみ上げを切り上げているすべてのものを罰する。すべての国々は無割礼で、イスラエルの全家も心に割礼を受けていないからだ。(エレミヤ9:25-26)

つまり、ユダヤ人たちが包皮に割礼を受けるよりも、神様は彼らの心を望みました。もし彼らの心が神様に属しないなら、神様にとって、その割礼は無意味です。だからパウロはこう言いました。

もしあなたが律法を行うなら、割礼には価値があります。しかし、もしあなたが律法の違反者であるなら、あなたの割礼は無割礼になったのです。

ですから、もし割礼を受けていない人が律法の規定を守るなら、その人の無割礼は割礼と見なされるのではないでしょうか。からだは無割礼でも律法を守る人が、律法の文字と割礼がありながらも律法に違反するあなたを、さばくことになります。

外見上のユダヤ人がユダヤ人ではなく、また、外見上の体の割礼が無割礼ではないからです。かえって人目に隠れたユダヤ人がユダヤ人であり、文字ではなく、御霊による心の割礼こそ割礼だからです。その人への称賛は人からではなく、神から来ます。(25-29)

パウロは仮定的な状況について話しているようです。仮に、誰かが律法に完全に従えたとしたら、その人が割礼を受けていなくても、神様はその人を受け入れます。その反面、誰かが律法に違反すると、割礼を受けていても、神様はその人を律法に違反する者として裁きます。さらに、律法に従う者も、その割礼を受けている人を裁くことができるでしょう。

でも、もちろん割礼を受けている人と割礼を受けていない人の間で、律法に完全に従う人は誰もいません。

だからパウロはユダヤ人たちに言います。「割礼を受けても、あなたは本当のユダヤ人と呼ばれるとは限りません。割礼を受けても、あなたは神の民と呼ばれるとは限りません。割礼は、ただ物理的なものではありません。割礼は、心に関連することです。御霊による心の割礼を受ける人こそが、神様の民で、神様に受け入れられます。」

心の割礼とは、どういうことなんでしょうか。パウロはこう言いました。

キリストにあって、あなたがたは人の手によらない割礼を受けました。肉の体を脱ぎ捨てて、キリストの割礼を受けたのです。(11)

肉の体とは、「罪深い性質」を意味します。言い換えると、私たちは罪の鎖で縛られました。でも、私たちがキリストを信じて従い始めると、イエス様はその罪の鎖を破りました。それ以前の私たちは、自分の罪深い性質に引っ張られて、その性質の情欲に従いました。

でも聖霊がその性質を割礼したので、私たちは神様に属する者です。さらに、その罪の鎖が破られたので、私たちは神様に従がう自由を受けて、正しい人生を送る力を受けてくださいました。

でも、その心の割礼は、私たちの努力によるものではありません。むしろ、私たちは信仰を持って、イエス様に心をささげて、こう言います。「イエス様、あなたを必要とします。私は自分自身を救うことができないので、私を救ってください。私はあなたを信頼します。あなたの十字架の働きを信じます。だから私の罪を赦してください。私があなたのものになるように。」

そう祈れば、あなたは神様の子供になります。その瞬間、あなたは神様に義と認められます。

あなたはどうですか。自分の心を神様にささげているでしょうか。割礼された心を持っているでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中