ローマ人への手紙2:1-11--プライドを持つこと。恵みを軽んじること。

神様の恵みはとても素晴らしいものです。でも、恵みに対して、私たちは二つの態度を決して取るべきではありません。この個所では、私たちは、その二つの態度が見ることができます。

一つ目の態度は、プライドです。つまり、人々はこう思います。「私は神様の恵みが要らない。私はもういい人だから。でも、私の周りの人たちは。。。」

パウロは、そんな態度に関して、こう言います。

ですから、すべて他人をさばく者よ、あなたに弁解の余地はありません。あなたは他人をさばくことで、自分自身にさばきを下しています。さばくあなたが同じことを行っているからです。そのようなことを行う者たちの上に、真理に基づいて神のさばきが下ることを、私たちは知っています。そのようなことを行う者たちをさばきながら、同じことを行っている者よ、あなたは神のさばきを免れるとでも思っているのですか。(1-3)

ある人々は、いつも周りの人々を裁いて、相手を悪い人と呼びます。でもそれと同時に、彼は自分自身の罪や欠点を見ることができません。彼らはプライドを持って、「あいつは絶対ダメな人だけど、私は大丈夫だ」と思います。でも、パウロは彼らに言います。「あなたも同じことをするよ。どうしてあなたは相手を裁くのですか。」

例えば、私たちは相手が頑固だと思うけど、実は、私たちが彼らと話すと、私たちも頑固になります。

また、ニュース番組で、私たちは殺害者を見て、恐ろしいと思います。だから、彼らが厳しく罰されるように望みます。でも、友達や知り合いが私たちを傷つけると、私たちは縁を切って、自分の心の中で彼らを殺します。(マタイ5:21-22)

だから、パウロは私たちに言います。「あなたは相手を裁く権利を持っていません。あなたは同じことをするから。あなたも神様の恵みを必要とします。その恵みを受けないと、あなたは裁かれます。

でも、パウロはもう一つの問題について話します。ある人々は、神様の恵みを軽んじます。つまり、彼はこのように思います。「神様は私を赦してくれるので、私は好き勝手にして、あとで、神様に謝ります。」

でも、パウロはそんな人にこう言います。

それとも、神のいつくしみ深さがあなたを悔い改めに導くことも知らないで、その豊かないつくしみと忍耐と寛容を軽んじているのですか。(4)

つまり、神様の恵みの目的は、私たちが自分の罪にふけるわけではありません。その目的は、私たちが罪を悔い改めて、その罪を捨てることです。

でも、多くの人々は恵みを軽んじるので、自分の罪にふけって、神様や周りの人々を傷つけてしまいます。

だから、パウロはプライドを持つ人や、恵みを軽んじる人にこう言います。

あなたは、頑なで悔い改める心がないために、神の正しいさばきが現れる御怒りの日の怒りを、自分のために蓄えています。神は、一人ひとり、その人の行いに応じて報いられます。

忍耐をもって善を行い、栄光と誉れと朽ちないものを求める者には、永遠のいのちを与え、利己的な思いから真理に従わず、不義に従う者には、怒りと憤りを下されます。

悪を行うすべての者の上には、ユダヤ人をはじめギリシア人にも、苦難と苦悩が下り、善を行うすべての者には、ユダヤ人をはじめギリシア人にも、栄光と誉れと平和が与えられます。神にはえこひいきがないからです。(5-11)

つまり、そんな態度を持てば、あなたもきっと裁かれます。

もし、プライドを持って、神様の恵みが要らないと思い、周りの人々を裁くなら、私たちの罪が暴露して、私たち自身が裁かれてしまいます。

また、神様の恵みを軽んじて、罪にふけるなら、私たちは裁かれます。

あなたはどうですか。

神様の恵みを要らないと思うでしょうか。

神様の恵みを軽んじるでしょうか。

そんな態度は裁きに至ります。だから謙遜を持って、私たちが恵みを必要とすることを認めて、神様の愛と恵みを見て、驚きましょう。

神の国では、プライドや、恵みを軽んじる態度の余裕がありません。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: パウロの書簡, ローマ人への手紙, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中