使徒の働き25-26--神様からの召しに従う

この個所では、パウロはフェストゥスとアグリッパ王の前に現れました。このアグリッパ王は、ヤコブを殺したり、ペテロを殺そうとしたりしたヘロデの息子でした。

とにかく、ユダヤ人たちはもう一度、フェストゥスがパウロをエルサレムに送るように願いました。フェストゥスは、そこでパウロに裁判を受けさせようと思ったけど、実は、ユダヤ人たちはパウロがエルサレムに行く途中、殺そうと思いました。パウロはその陰謀をよく知っていたので、フェストゥスがパウロにエルサレムに行くように説得しようとするとパウロは、「カエサルに上訴します」と言いました。

フェストゥスはその願いを叶えたけど、ちょっと問題がありました。パウロの「犯罪」は、ユダヤ教の法律に関するものでした。だから、フェリクスはどのようにその「犯罪」をカエサルに説明するかよくわかりませんでした。つまり、フェストゥスはユダヤ教のことがよく分からなかったし、たぶん、カエサルもユダヤ教のことがよく分からなかったということです。

だから、アグリッパ王が来ると、フェストゥスが彼と相談したので、アグリッパは、パウロの弁明を聞くと言いました。

そして、パウロはもう一度自分の証しを語りました。パウロは何回もその証しを語ったので、毎回私たちはいろんな新しい詳細を聞きます。パウロはアグリッパと話した時、イエスからの使命を説明しました。イエス様はパウロにこう言いました。

わたしは、あなたを。。。[ユダヤ人たちや異邦人たち]のところに遣わす。それは、彼らの目を開いて、闇から光に、サタンの支配から神に立ち返らせ、こうしてわたしを信じる信仰によって、彼らが罪の赦しを得て、聖なる者とされた人々と共に相続にあずかるためである。(17-18)

イエス様は私たちに同じ使命を与えてくださいます。

私たちは周りの人々に福音を述べ伝えるべきです。その目的は?それは、彼らが自分の罪の鎖や、自分の心の暗闇を見るためです。そして、彼らがサタンの国から解放されて、神様の国に入って、また、彼らの罪が赦されて、イエス様を信じる信仰によって、神様の子供になるためです。

その召しに関して、パウロはアグリッパ王とフェストゥスにこう言いました。

私は天からの幻に背か(なかった。)(19)

あなたはどうですか。あなたはその使命を果たしているでしょうか。あなたは周りの人々に福音を伝えているでしょうか。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書, 使徒の働き タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中