使徒の働き24章ーー神様のご計画のすべてを知らせること

パウロはエペソ人たちにこう言いました。

ですから、今日この日、あなたがたに宣言します。私は、だれの血に対しても責任がありません。私は神のご計画のすべてを、余すところなくあなたがたに知らせたからです。(使徒の働き20:26-27)

「神のご計画のすべて」というのは、どういうことでしょうか。この個所では、パウロの意味を見ることができます。パウロはローマの総督フェリクスの前に来て、ユダヤ人たちの言いがかりを否定しました。

その日、フェリクスは何も決めていなかったけど、そのあと、何回もパウロと話しました。その時、パウロは自分の信仰について話しました。もちろん、パウロは神様の愛や、イエス様の十字架の働きや、信仰による救いに関して話したでしょう。でも、パウロはもう一つのことについて話しました。

しかし、パウロが正義と節制と来るべきさばきについて論じた。。。(25a)

つまり、パウロはこう言いました。「神様の目にあなたは罪人です。悔い改めないと、あなたはきっと裁かれます。」

フェリクスの反応は?

フェリクスは恐ろしくなり、「今は帰ってよい。折を見て、また呼ぶことにする。」と言った。(25b)

福音とは、ただ「神様はあなたを愛している」と言うメッセージではありません。

福音は次のようにも言います。「深刻な問題があります。あなたが罪を犯したので、神様はあなたを裁きます。だから、イエス様に向かって、悔い改めなさい。まだ時間がある間に、イエス様とその十字架の御業を信じなさい。」

そう言わないなら、私たちは彼らに神様の計画のすべてを知らせていません。そして、彼らが地獄に行ってしまうなら、彼らの血に対して、私たちには責任があります。

もちろん、私の目的はただ彼らを怖がらせるというものではありません。福音は良い知らせです。つまり、イエス様が十字架で私たちの罰を受けたので、イエス様を受け入れると、私たちは地獄に行く必要がないのです。それに、イエス様は私たちに豊かな人生を与えてくださいます。また、私たちは神様の喜びと平和を知ります。

地獄よりも、私たちはそんなことについてフォーカスした方がいいと思います。

それでも、私たちは彼らに警告するべきです。「もしイエス様を拒絶するなら、あなたはきっと裁かれます。」

フェリクスのように、それを聞いて、恐れてしまう人もいます。彼らは「今そのことについて話したくない」と言うかもしれません。でも彼らの反応は私たちの責任ではありません。

私たちは忠実に神様のメッセージを伝えるしかできません。

あなたはどうですか。あなたは神様の計画のすべてを人々に知らせているでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書, 使徒の働き タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中