使徒の働き21:1-16--代価がどんなに高くても

この個所を解釈するのは、ちょっと難しいです。

どうして、神様はその預言をパウロに教えたでしょうか。神様は、パウロがエルサレムに行かないように、警告したいと思ったでしょうか。もしくは、神様はパウロが試練を覚悟するのを望みましたか。

私の意見だけど、たぶん、神様は、パウロがその試練を覚悟するために、あらかじめ警告したのでしょう。

イエス様が初めてパウロに現れたときから、パウロがユダヤ人たちや異邦人たちに福音を述べ伝えるために苦しむと警告しました。(使徒の働き9:15-16)

たぶんそういうわけで、ほかのクリスチャンたちがパウロがエルサレムに行かないように願ったとき、パウロはこう答えたでしょう。

あなたがたは、泣いたり私の心をくじいたりして、いったい何をしているのですか。私は主イエスの名のためなら、エルサレムで縛られるだけでなく、死ぬことも覚悟しています。(13)

つまり、代価がどんなに高くても、パウロはイエス様に従おうと努めました。だから、彼らが何を言っても、彼の気は変わりませんでした。

あなたはどうですか。神様は決して、私たちがスムーズな人生を送ると約束しませんでした。また、私たちが神様に従うと、すべての人々が私たちを愛することを約束しませんでした。実は、神様は正反対なことを約束しました。(ヨハネ16:33;第二テモテ3:12)

あなたはそのことをもう知っているかもしれません。でも試練に直面すると、あなたはどうするでしょうか。

その試練が来ると、神様が恵みと勇気を与えてくださるように。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書, 使徒の働き タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中