使徒の働き18:1-23--私たの責任を果たすこと

パウロがいつもしたのは、福音を述べ伝えることです。どこに行っても、パウロは、イエス様がキリストであることを伝えました。(覚えていてください。「キリスト」とは、名前ではなく、肩書です。ユダヤ人にとっては、「キリスト」とは「救い主」や「王」ということです。)

どうして、パウロは福音を述べ伝えたでしょうか。一つの理由は、イエス様がパウロにそう命じたということです。そして、イエス様は一回だけパウロにそう命じたわけではありません。パウロが救われたとき、イエス様はパウロにそう命じました。(使徒の働き9:15)

そして、この個所でも、イエス様はもう一度パウロにこう言いました。

恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。(9)

でも、パウロには、福音を伝える理由がもう一つありました。パウロは、預言者エゼキエルに対する神様の言葉を覚えていました。

わたしが、悪いものに「あなたは必ず死ぬ」と言うとき、もしあなたが彼に警告を与えず、悪い者に悪の道から離れて生きるように警告しないなら、その悪い者は自分の不義のゆえに死ぬ。そして、わたしは彼の血の責任をあなたに問う。

もしあなたが悪い者に警告を与えても、彼がその悪と悪の道から立ち返ることがないなら、彼は自分の不義のゆえに死ななければならない。しかし、あなたは自分のいのちを救うことになる。(エゼキエル書3:18-19)

だから、コリントで、ユダヤ人たちがパウロのメッセージを拒絶すると、パウロはこう言いました。

あなたがたの血は、あなたがたの頭上に降りかかれ。私には責任がない。(6)

そのあと、パウロはエペソ人の長老たちに似たことを言いました。(使徒の働き20:26-27)

私のポイントは?

私たちが知っている人に、福音を述べ伝える責任を持っています。彼らの反応は、私たちの責任ではありませんが、私たちは彼らに真理を伝える責任を持っています。そうしないと、神様は、彼らの血の責任を私たちに問います。

イエス様は、パウロに言ったように、私たちにも言います。

恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。(9)

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書, 使徒の働き タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中