使徒の働き15:36-41--もう一つのチャンスを与えること

この個所では、私たちは、パウロとバルナバが別れることを見ます。

その理由は、マルコという若い男性です。マルコがバルナバのいとこで、パウロとバルナバが最初の宣教旅行に行くとき、マルコも行きました。でも、なぜかマルコは早く帰ってしまいました。私たちは彼の理由を知りません。もしかしたら、彼はホームシックだったかもしれません。もしかしたら、福音の敵と対立するとき、彼は恐れたかもしれません。

とにかく、どうやらパウロはマルコの言い訳を受け入れられませんでした。

だから、パウロとバルナバがもう一度宣教旅行に行こうと思ったとき、バルナバがマルコを連れて行こうと言うと、パウロはその勧めに大反対しました。バルナバは怒って、マルコと一緒にキプロスに行って、宣教の仕事をしました。でも、パウロはシラスという人と一緒に別の所に行きました。

私はパウロの気持ちがよく分かります。信頼できない人と働くのは、とても難しいです。でも、この場合、パウロは自分が説教したことを忘れてしまいました。それは恵みです。

そのあと、パウロは、そのことが分かるようになりました。マルコは、もう一つのチャンスをもらって、バルナバと一緒に忠実に仕えました。そのあと、彼はペテロと一緒に忠実に仕えました。そして、結局、彼はパウロと一緒に忠実に仕えました。

パウロはマルコに関して、テモテにこう言いました。

マルコを伴って、一緒に来てください。彼は私の務めのために役に立つからです。(第二テモテ4:11)

実は、パウロとマルコは、互に恵みを与え合わなくてはなりませんでした。パウロはマルコの過去の失敗を許さなくてはなりませんでした。でも、マルコはパウロの以前のマルコに対する態度を許さなくてはなりませんでした。互いに許し合ったので、その二人は祝福されました。

あなたはどうですか。あなたをがっかりさせた人がいるでしょうか。あなたを傷つける人がいるでしょうか。

神様は何回も私たちにチャンスを与えてくださるので、私たちは周りの人々にそんなチャンスを与えるべきです。

もちろん、私たちはすぐに相手を完全に信頼するべきだと言うわけでもありません。でも、私たちの信頼を得るチャンスを与えるべきです。そして、彼らが私たちの信頼に対するふさわしさを示せば示すほど、彼らをもう一度信頼してください。

天のお父様は、もう一つのチャンスを与える方です。神様の子どもとして、私たちもそうするべきです。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書, 使徒の働き タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中