使徒の働き15章ーー恵みだけ

この個所では、私たちは使徒の時代の一番大切な議論を見ます。

パウロとバルナバは、異邦人たちに福音を述べ伝えたけど、あるクリスチャンたちはパウロとバルナバの教えに反対しました。

つまり、パウロとバルナバはこう教えました。

ですから、兄弟たち、あなたがたに知っていただきたい。このイエスを通して罪の赦しが宣べ伝えられているのです。また、モーセの律法を通しては義と認められることができなかったすべてのことについてこの方によって、信じる者はみな義と認められるのです。(使徒の働き13:38-39)

でも、あるユダヤ人の信者たち、特にパリサイ派に所属している信者たちは、そのことを受け入れませんでした。もちろん、彼らは、イエス様に対する信仰によって、人々が赦されることを信じましたが、もう一つの要求を加えました。つまり、異邦人たちは割礼を受けなくてはならないし、モーセの律法を守らなくてはならないことです。

だから、

パウロやバルナバと彼らの間に激しい対立と論争が生じた。。。(15:2)

だから、彼ら皆はエルサレムに行って、使徒たちと長老たちと、その問題について話し合いました。

最初に、パウロとバルナバは、異邦人の間に神様の働きについて話しました。でも、そのあと、パリサイ人たちは立って、「それはいいけど、彼らはまだ割礼を受け、モーセの律法を守らなくてはならない」と言い張りました。

だから、侃々諤々の議論が始まりました。

私はペテロの思いが想像できます。

ペテロは子供の時から、ユダヤ人として育ていて、ずっとモーセの律法に従いました。たぶん彼にとって、異邦人に対する神様の恵みの言葉を受け入れるのは、まだちょっと難しかったかもしれません。だから、彼はパリサイ人の意見に共感できたかもしれません。

でも、コルネリウスの家に行ったとき、ペテロ自身は、そもそもそのメッセージを異邦人に伝えました。

だから、この議論を聞きながら、ペテロは、神様からの幻をもう一度覚えていたでしょう。(使徒の働き10:11-16)

そして、たぶん彼はもう一度その幻の教訓に悩んでいました。

でも、結局ペテロは、神様がユダヤ人と異邦人を分別しないという教訓を受け入れたので、皆にこう言いました。

。。。人の心をご存じである神は、私たちに与えられたのと同じように、異邦人にも聖霊を与えて、彼らのために証をされました。私たちと彼らの間に何の差別もつけず、彼らの心を信仰によってきよめてくださったのです。そうであるなら、なぜ今あなたがたは、私たちの先祖たちも私たちも負いきれなかったくびきを、あの弟子たちの首にかけて、神を試みるのですか。(8-10)

それを聞いて、皆は静かになりました。バルナバやパウロの異邦人との経験よりも、ペテロの言葉は彼らの心を打ったようです。そして、ヤコブは聖書によって、ペテロの言葉を確認したので、すべての異議がなくなりました。

では、この話から、私たちは何を学ぶことができるでしょうか。

恵みだけによって、私たちは救われることです。

私たちはキリストのわざに、私たちの努力を足しません。

私たちが頑張った後、神様は私たちに恵みを与えてくださるわけでもありません。

私たちの努力を神様の恵みに足して、救われるわけでもありません。

私たちはキリストの十字架の御業だけによって、救われました。

でも、ペテロのように、私たちの多くにとっては、そのコンセプトが受け入れにくいです。だから、「私はやっぱりだめだ」と思って、神様が私たちを本当に受け入れるかどうか疑問に思います。

もしかしたら、私たちは周りの人々を裁いて、「あいつはだめだ」と思うかもしれません。

でも事実は、救いに値する人は、だれもいません。だから私たちには恵みが必要です。

私たちは救いに値しないけど、十字架でイエス様の血が流されたので、私たちは義と認められるのです。神様はもう私たちを受け入れています。だから、神様が私たちを受け入れるかどうか、悩まなくていいです。

それを本当に信じているでしょうか。

パウロの言葉を覚えていてください。

この恵みのゆえに、あなたがたは信仰によって救われたのです。それはあなたがたから出たことではなく、神の賜物です。行いによるのではありません。だれも誇ることのないためです。(エペソ人への手紙2:8-9)

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書, 使徒の働き タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中