使徒の働き11章ーー神がなさることを妨げること

ペテロはコルネリウスの家から帰ってきたら、教会の大騒ぎに臨みました。なぜなら、ペテロは教会のリーダーなのに、異邦人をもてなしたし、異邦人の家を訪れたから。さらに、その異邦人はローマの百人隊長でした。

だから、ペテロが家に入ると、彼らはペテロを囲んで、責め始めました。

あなたは、割礼を受けなていない者たちのところに行って、彼らと一緒に食事をした。(3)

そのユダヤ人たちにとって、ペテロの行為は怪しからんでした。なぜなら、ペテロはわざわざその異邦人と付きあって、自分自身を汚したから。

でもペテロは、何が起こったか説明しました。ペテロは、神様からの幻や、コルネリウスへの天使の戒めや、どうやって聖霊様はその異邦人たちを満たしたかを説明しました。

そしてペテロは彼らにこう言いました。

ですから、神が、私たちが主イエス・キリストを信じた時に、私たちにくださったのと同じ賜物を、彼らにもお授けになったのなら、どうして私などが、神がなさることを妨げることができるでしょうか。(17)

「どうして私などが、神がなさることを妨げることができるでしょうか。」

どれだけ私たちは神様がなさることを妨げるでしょうか。

もしかしたら、私たちの偏見のせいで神様の働きを妨げるかもしれません。

また、神様が新しい方法で働くけど、私たちはその新しい方法に慣れていないので、その働きを妨げます。

もしかしたら、神様の働きは私たちの伝統に反対するかもしれません。

もしかしたら、私たちのプライドや、固くなな心のせいで、私たちはその働きを妨げるかもしれません。

「私の考え方が間違っている」と認めるのは、とても難しいです。

また、「神様はその人を用いることができる」と認めることは難し時もあります。

でも謙遜な態度をも持たないと、私たちは神様の働きを妨げてしまうかもしれません。

最終的に、私たちはパウロの戒めに従うべきです。

ただし、すべてを吟味し、良いものはしっかり保ちなさい。あらゆる形の悪から離れなさい。(5:21-22)

もちろん、新しいものが神様から来るかどうか吟味しなくてはなりません。でも、私たちは自分の心も試すべきです。私たちの考え方も試すべきです。私たちのプライドも試すべきです。

そのエルサレムにいるユダヤ人のクリスチャンたちはそうしなくてはなりませんでした。

彼らの結論は?

人々はこれを聞いて沈黙した。そして、「それでは神は、いのちに至る悔い改めを異邦人にもお与えになったのだ」と言って、神をほめたたえた。(18)

そして、彼は神様の働きを妨げずに、その仕事に参加し始めました。(19-26)

あなたはどうですか。あなたは神様がなさることを妨げているでしょうか。もしかしたら、あなたは神様の働きを見て、喜んで、その仕事に参加するのでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書, 使徒の働き タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中