使徒の働き8:9-24ーー賜物

多くの人々がキリスト教に関する分からないことの一つは、私たちが持っているもののすべてが神様からの賜物であることです。私たちの持ち物や、私たちの命さえ神様からの賜物です。でも私たちの一番素晴らしい賜物は、私たちの救いです。神様は私たちを罪の刑と力から救ったし、聖霊様を通して私たちのうちに住んでおられます。

私たちがその受けた恵みを実感すると、私たちの人生は全く変わります。どんな状況に入っていても、私たちは神様の愛が分かるし、私たちがどれだけ祝福されるか分かります。

でも今日の話では、シモンという人は、その教訓を決して学びませんでした。ピリポが来る前、シモンは力と名声を持っていました。彼は本当の奇跡を行っていたけれど、その力は神様からきたものではありませんでした。とにかく、その力を持ったから、彼は自分が偉大な人だと誇って、サマリアの人々もそう信じました。

でもある日、ピリポが来ました。彼は一般人だったけど、聖霊様に満たされていました。そして、シモンのわざと比べると、ピリポの奇跡の方が優れたものでした。だから、サマリア人たちはシモンに背を向けて、ピリポの言葉に聞いて、最終的に主を信じるようになりました。

シモンもイエス様を信じるようになりました。でも、彼が本当にクリスチャンになったかどうかわかりません。もしかしたら、本当にクリスチャンになったかもしれませんけど、彼の態度と行為は違うことを伝えます。

控え目に言っても、彼は恵みがさっぱり分かりませんでした。つまり、私たちは神様の恵みを稼ぐことができないことです。私たちはただ感謝をもって、その恵みを受けることができます。

だからシモンが、ペテロとヨハネが手を置くことで御霊が人々に与えられるのを見ると、シモンもその力が欲しくて、ペテロとヨハネから、その力を買おうと思いました。

でもペテロは答えました。

おまえの金は、おまえとともに滅びるがよい。おまえが金で神の賜物を手に入れようと思っているからだ。おまえは、このことに何の関係もないし、あずかることもできない。おまえの心が神の前に正しくないからだ。だから、この悪事を悔い改めて、主に祈れ。もしかしたら、心に抱いた思いが赦されるかもしれない。おまえが苦い悪意と、不義の束縛の中にいることが、私には見えるのだ。(20-23)

私たちが神様の恵みが正しく分からないと、どうなるでしょうか。

1.私たちは傲慢になります。私たちが神様から受けたものに値すると思い始めます。そして、ほかのクリスチャンが自分が持っていないものを持っているなら、私たちはうらやましくなるし、苦々しい思いを持ちます。

シモンはそのような人でした。ピリポが来る前、シモンは有名人でした。でもピリポやペテロやヨハネと比べると、彼は全然特別ではありませんでした。彼はもう一度有名人になりたいと思いました。彼は自分の名声を失って、苦々しい思いを持ちました。彼はヨハネとペテロとピリポを妬みました。だから彼は神様の賜物を買おうと思いました。神様の栄光のためではなく、自分の栄光のためです。

あるクリスチャンたちも、シモンと同じ問題を持っています。でも、ほかのクリスチャンたちは正反対の問題を持っています。

2.私たち自身は、全然価値がないと思います。私たちが悪すぎて、神様さえも私たちを救うことができないと思います。また、私たちが神様の賜物を受けることに値しないと思います。

シモンが本当のクリスチャンだったら、ペテロに叱責された後、正反対の問題に落ち込んだかもしれません。ペテロが彼を厳しく叱責したので、シモンは直接に神様の前に来て、赦しを願うことができないと思ったかもしれません。だから、彼はペテロに、「私のために祈ってください。」

でもへブル人への手紙の著者はこう言いました。

私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯しませんでしたが、すべての点において、私たちと同じように試みにあわれたのです。ですから私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、折にかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。(へブル4:15-16)

神様の恵みに値する人は、誰もいません。だから神様から受けた賜物によって誇らないでください。周りの人賜物を妬まないでください。

でも同時に、私たちが神様の賜物を受けることに値しないのに、神様は喜んで良い賜物を自分の子どもに与えることを覚えていてください。

これから、恵みの意味を学びましょう。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中