使徒のは働き8:1-8--喜びを広げること

この個所では、クリスチャンたちはエルサレムを出て、キリストからの喜びを広げ始めました。でも、彼らはエルサレムからちょっと押し出されなければなりませんでした。

ステパノが殺された後、サウルというパリサイ人はクリスチャンたちを迫害し始めました。

皮肉なことだけど、サウロはキリスト教をつぶそうと思ったけど、その迫害によって、キリスト教は広まって、たくさんの新しい教会が生まれました。それに、クリスチャンになった後、サウロが宣教しとしてその教会を訪ねて強めたり、たくさんの新しい教会を始めたりしたので、キリスト教はローマ帝国に浸透しました。

でも、使徒たちが初めからするべきことをちゃんとしていたら、神様はその迫害を許したでしょうか。イエス様は彼らに命令しました。

あなたがたは、いと高き所から力を着せられるまでは、都にとどまっていなさい。(ルカ24:49)

そしてイエス様は天国に帰る直前に、弟子たちにこう言いました。

しかし、聖霊があなたがたの上に臨むとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリアの全土、さらに地の果てまで、わたしの証人となります。(使徒の働き1:8)

でも、聖霊様が彼らの上に臨んだ後、使徒たち皆がエルサレムにとどまり続けました。もしイエス様が命令したように、彼らがエルサレムを出ていたら、教会は迫害されたでしょうか。また使徒たちは隠れなくてはならなかったでしょうか。そうかもしれないけど、もしかしたら、彼らはそのトラブルを避けていたかもしれません。

迫害が来ても、使徒たちはエルサレムにとどまり続けました。どうしてでしょうか。私は分かりません。彼らは自分の勇気を教会の人たちに示したいと思ったかもしれません。でも主の命令に対する彼らの不従順は続きました。

しかし、ほかのクリスチャンたちはエルサレムを出ました。執事の一人ピリポは、サマリアに行きました。イエス様はサマリアに行ったことがあったけど、多くのユダヤ人たちはサマリアを避けました。なぜなら、彼らはサマリア人たちを軽蔑したから。でも、ピリポはイエス様の模範に従って、サマリアで福音を述べ伝えたり、奇跡を行ったりしました。その結果は?

その町には、大きな喜びがあった。(8:8)

自己中心になるのは簡単なことです。私たちが自分のことだけを考えるのは、簡単なことです。でも、イエス様が望むのは、私たちが受けた喜びを周りの人々に分け合うことです。

多くの人々は苦しんでいて、イエス様を必要とします。だから、毎日私たちが聖霊に満ち溢れるように。そうなら、私たちが周りの人々に触れると、彼らは聖霊に触れられて、変えられます。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書, 使徒の働き タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中