使徒の働き3:11-16--私たちじゃない

ペテロとヨハネが癒してくれた乞食が歩いたり、飛び跳ねたり、大きな声で神様を賛美したりすると、周りの人々は本当に驚きました。その人は40年間ぐらい歩くことができなかったから。でも、すぐに、彼らはペテロとヨハネをもぽかんと見つめ始めました。

でも、ペテロは彼らにこう言いました。

イスラエルの皆さん、どうしてこのことに驚いているのですか。どうして、私たちが自分の力や、敬虔さによって彼を歩かせたかのように、私たちを見つめるのですか。。。このイエスの名が、その名を信じる信仰のゆえに、あなたがたが今見て知っているこの人を強くしました。イエスによって与えられる信仰が、この人を皆さんの前で、このとおり完全なからだにしたのです。(12,16)

ペテロの言葉の中に、私たちは本当に大切なことを見ます。

私たち自身は、自分の人生の中心ではありません。大切なのは、私たちではありません。大切なのは、私たちができることではありません。

大切なのは、イエス様です。大切なのは、イエス様が十字架で行った御業です。大切なのは、今イエス様がしていることです。

ペテロが高慢な態度で、「私たちを見て。凄いでしょう?神様は私たちに素晴らしい力を与えてくださった。私たちは本当に恵まれているでしょう?」と自慢するのは、簡単だったでしょう。

でもそうせずに、ペテロはイエス様を示しました。ペテロとヨハネではなく、イエス様がその人を癒したと指摘しました。

また、ペテロが言ったのは、その奇跡を見た人がペテロとヨハネを信じて褒めるべきではなく、イエス様を信じて褒めるべきだということです。なぜなら、イエス様が彼らのために死にましたから。モーセとほかの預言者たちはイエス様を指して、イエス様に聞きなさいと言いました。

でも、多くのクリスチャンたちはイエス様に焦点を当てずに、自分自身に焦点を当てます。彼らは自分の霊的な賜物に焦点を当てます。自分ができることに焦点を当てます。自分がもらった誉れに焦点を当てます。でも、そうすれば、彼らは自分のいのちの目的を見逃します。

それはイエス様を知って、周りの人々にイエス様を指すことです。

でも、自分自身に焦点を当てると、私たちは、神様が私たちに与えたい命や喜びを知ることができません。

あなたはどうですか。あなたは何に焦点を当てるでしょうか。何のために生きているでしょうか。誰のために生きているでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書, 使徒の働き タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中