使徒の働き2:42-47--一緒に祈ることに専念する

正直に言うと、最近の記事を考えたとき、私が教会をやめた人に対して厳しすぎただろうかと思いました。私はちょっとわかりません。

誰かに傷つけらて、教会をやめた人もいることをよく知っています。だから、ある程度まで、私は彼らに共感できます。

でも教会をやめるのは、良い解決ではありません。

相手を許すことは、大変だし、とても難しいことです。でも、私たちが本当にイエス様を愛し、従いたいと思うなら、その教訓を学ばなくてはなりません。なぜでしょうか。

一つ目の理由は、苦々しい思いや怒りを抱いて、相手を許さないと、私たちは聖霊様を本当に悲しまらせることです。(エペソ人への手紙4:29-32)

もちろん、あなたが聖霊様を悲しませるなら、天の父とイエス様をも悲しませます。

二つ目の理由は、私たちが許さないと、私たちはこの世の人に、どんなメッセージを伝えているでしょうか。私たちは彼らと全然違いません。

とにかく、傷ついた人にちょっと共感できるけど、私は神様のみ言葉に頑なな心を持つ人に全く同意できません。

また、キリストのからだ(つまり、教会)が要らないと思う人と全く同意できません。私はパウロの言葉を使うけど、彼らは手と足に、「私はあなたを必要としない」と言います。(第一コリント12:21)

しかし、パウロでも、そんなことを言いませんでした。

ちょっと考えてみてください。

パウロはローマ帝国中に神様のために働いて、福音を述べ伝えました。だからパウロは毎週同じ教会に行くことができませんでした。彼は一つの教会に関して、「これはマイ・チャーチ」と言えませんでした。

それでも、パウロはクリスチャンの交わりに熱心を持っていました。彼はいつもほかのクリスチャンたちと時間を過ごしたいと思いました。(ローマ1:10-12;第二コリント1:15-16;ピリピ1:8)。

どうしてでしょうか。パウロは彼らを祝福したいと思ったから。(ローマ1:11;第二コリント1:15)。

パウロは、彼らがパウロを必要としたと認めました。

さらに、パウロ自身が彼らを必要としたと認めました。

特に、パウロは彼らの祈りが必要でした(エペソ6:19-20;コロサイ4:3;第一テサロニケ5:21;第二テサロニケ3:1-2)。

また、パウロは彼らの励ましが必要でした。(ローマ1:12)

「私は、教会を必要としない」と言う人は、とてもわがままだし、高ぶっています。

どうして私は彼らを「高ぶる」と呼ぶでしょうか。私たちはお互いを必要としますから。

どうして私は彼らを「わがまま」と呼ぶでしょうか。仮に、彼らが私たちを必要としないと思っても、私たちは彼らを必要としますから。私たち皆は、キリストの体に役割を持ちます。

とにかく、使徒の働きの個所に戻りましょう。この個所によれば、そのクリスチャンたちは祈りに専念しました。

でも、この個所によれば、彼らは自分の部屋で、一人で祈っていたわけではありません。もちろん彼らはそうしましたけど、ルカのポイントは、彼らが一緒に祈っていたことです。

(ところで、ルカは使徒の働きを書いたでしょう。(ルカの福音書1:1-4;使徒の働き1:1-2))

どうしてほかのクリスチャンと一緒に祈ることも大切なのでしょうか。

一番の理由は、そうすれば、私たちは自分の心を神様の御心に調子を合わせるし、私たちは相手の心にも調子を合わせることです。イエス様は、私たちが一つになるように祈りました。(ヨハネ17:20-21)

一緒に祈ると、私たちは一つになります。

教会の初めから、一緒に祈ることはクリスチャンたちの習慣でした。(使徒の働き1:14)

クリスチャンたちが一つになると、私たちは神様の国のために素晴らしいことができます。

でも、私たちが喧嘩したり、「あなたを必要としない」と言ったりすると、私たちは弱くなって、何もできません。サタンはそれを見て、きっと喜ぶでしょう。

だから、そんな考え方を捨てましょう。キリストの教会として、一致を求めましょう。

全てのことに同意しなくてもいいです。

私たちのミニストリーのやり方は違うかもしれません。それでもいいです。

でも、私たちの愛を伝えましょう。また、「あなたを必要とする」と伝えましょう。

そうすると、サタンの国は崩れて、私たちの人生にイエス様はほめられます。また、天の父もほめたたえられます。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書, 使徒の働き タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中