使徒の働き2:38--福音のメッセージ

この個所では、私たちは一番最初の本格的な福音の説教を読みます。

その以前、すべての説教はイエス様の死と復活の前に伝えられました。だから、その説教はまだ不完全でした。

でも、ペテロがこの説教をしたとき、イエス様はもう旧約聖書にある救いに関する預言を全て成就していました。だから、ペテロは群衆に宣言しました。

神が今や主ともキリストともされたこのイエスをあなたがたは十字架につけたのです。(36)

それを聞いて、心を刺され、群衆は答えました。

「兄弟たち、私たちはどうしたらよいでしょうか。」(37)

ペテロは彼らに言いました。

それぞれ罪を赦していただくために、悔い改めて、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます。この約束は、あなたがたに、あなたがたの子どもたちに、そして、遠くにいるすべての人々に、すなわち、私たちの神である主が召される人ならだれにでも、与えられているのです。(38-39)

簡単に言うと、それは福音のメッセージです。

まず、私たちの罪を悔い改めなくてはなりません。私たちはもう自分の道を行かずに、神様の道を行き始めなくてはなりません。私たちは自分の道を行ったので、神様や、周りの人々や、私たち自身をも傷をつけました。私たちはそのことを認めなくてはなりません。

「主よ。私の道を行くのがもう飽きました。その道を通して、私は本当に苦しみました。でも、あなたが私を愛してくれたので、あなたは十字架で私の罰を受けてくださいました。だから、これから私はあなたに従いたいと思います。私はあなたを信頼し、従がいます。」

バプテスマは、その決断のしるしです。バプテスマを通して、あなたはこう言います。

「私の古い生活に対して死にます。「私の道」に対して死にます。そして、私は新しい人としてよみがえります。イエス様の血によって、私の罪は清められたし、聖霊の力によって、私はこの新しい人生を送ります。

御霊という約束は一番良い賜物です。なぜなら、聖霊様は神であり、私たちのうちに住んでおられるから。私たちはもう神様から離れていません。私たちは神様と親しい関係を持っています。そして、私たちが神様と歩めば歩むほど、聖霊様は私たちに傷をいやし、私たちを新しくします。そして、神様が私たちのための計画した人生を見つけます。実は、神様はそもそも私たちを造る前に、そのプランをもう考えていました。

永遠の命は、天国では始まりません。永遠の命は今から始まります。

それは福音のメッセージです。そのメッセージを信じ、受けていましたか。もし、上記の祈りを始めて祈ったら、どうぞ私にコメント欄に伝えてください。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 新約聖書, 使徒の働き タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中