マタイ28:16-20--弟子を作ること

数年前まで、私は、マタイ28:16-20の出来事と使徒の働き1章の出来事が全然違う時に起こったことに気づいていませんでした。マタイの出来事はガリラヤで起こりました。使徒の働きの出来事はオリーブ山で起こりました。

もしかしたら、ガリラヤでイエス様は11人の弟子たちだけではなく、500人の弟子たちにも現れたかもしれません。(第一コリント15:6)

だから、ガリラヤに来た時、「疑う者たちもいた」。(17)

つまり、11人の弟子たちは、もうよみがえられたイエス様を見ていたけど、その500人はまだイエス様を見ていなかったことです。

とにかく、イエス様に会うと、彼らの疑いがなくなりました。そしてイエス様は彼らにこう言いました。

わたしには天においても地においてもすべての権威が与えられています。ですから、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。父、子、聖霊の名において彼らにバプテスマを授け、わたしがあなたがたに命じておいた、すべてのことを守るように教えなさい。見よ。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたとともにいます。(18-20)

イエス様が単に「福音を述べ伝えなさい」と言わなかった意義があると思います。(もちろん彼らには福音をの述べ伝える役割もありました。)

イエス様は彼らに「弟子を作りなさい」と言いました。その弟子たちは自分の弟子を作るわけではなく、イエス様の弟子を作るべきでした。弟子を作る方法は何だったでしょうか。

彼らは新しい信者にバプテスマを授けました。バプテスマは、彼らがイエス様に従うことを決めたしるしでした。私たちもバプテスマを受けるとき、私たちがキリストに属することを表現します。バプテスマの水はお墓の象徴です。そして、私たちがその水に入ると、私たちは「イエス様が死んで、よみがえられたように、私は自分の古い生活に対して死んで、新しい人としてよみがえります。そして、私の体が死ぬとき、私はよみがえって、イエス様と共に永遠にいます。」と言っています。

時々日本では、ノンクリスチャンの親たちは、クリスチャンの息子や娘にこう言います。「教会に行っても良いけど、バプテスマを受けてはだめです。」

だから、その息子と娘は本当に困ります。「私の家族を怒らせてでも、洗礼を受けた方が良いだろうか。」

実は、使徒の時代にも、多分ユダヤ人たちも同じプレッシャーと向き合ったでしょう。でもイエス様の弟子になりたいなら、私たちはイエス様をすべてよりも優先しなくてはなりません。洗礼を受けるときに、あなたは皆の前でその決断を宣言します。

イエス様は弟子作りについてもう一つのことを教えました。彼らは、新しい弟子たちにイエス様の戒めを教えなくてはなりませんでした。さらに、彼らは新しい弟子たちがその戒めを守るように教えなくてはなりませんでした。

たくさんのクリスチャンたちがそれを聞いて、違和感があります。

「だって、それは律法主義でしょう?私たちは恵みによって救われたでしょう?」

もちろん、私たちは恵みによって救われました。もちろん、私たちはキリスト教をルールの制度として教えるべきではありません。

でも、私たちが弟子たちに教えなくてはならないのは、神様が彼らを本当に愛していることです。また、神様は私たちの最善を望みます。だから、もし私たちの救いのために神様を信じるなら、神様の道が一番良いと信じるのは当たり前でしょう。私たちはその道を行くべきでしょう。

さらに、私たちは神様を本当に愛しているなら、神様を喜ばせることをするべきでしょう。

簡単に言うと、私たちは、人々が神様に近づくように教えるべきです。私たちは、彼らが毎日神様をもっともっと愛し、信頼するように教えるべきです。

残念なことですけど、多くの教会はそのことを教えません。だから、教会の中で、たくさんの赤ちゃんのクリスチャンがいます。彼らは決して成長しません。彼らは「神様を愛している」と言うけど、決して神様に信頼することを学んでいません。だから、彼らの人生はめちゃくちゃになります。

だから、私たちは福音を述べ伝えるだけではなく、弟子を作りましょう。イエス様を愛し、信頼し、従うクリスチャンを育てましょう。そうすれば、彼らはイエス様の恵みと知識において成長します。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中