ヨハネ20:24-31--イエス様を見たことがないのに

「百聞は一見にしかず。」

私たちはそれを言うけど、時々何を見ても、信じない人もいます。

パリサイ人たちと祭司長たちはイエス様の奇跡を見たけど、まだイエス様がメシアであることを信じませんでした。例えば、ラザロが復活したけど、彼らはラザロを殺そうと思いました。なぜなら、人々はその奇跡によって、イエス様のを信じるようになったから。

彼らの問題は何だったでしょうか。彼らが信じたくなかったことです。もし何かを信じたくないなら、あなたはいつもどうして信じられないかの言い訳を作られます。

でもトマスは本当にイエス様の復活を信じたいでした。それでも、彼らはなぜか自分自身を説得できませんでした。だから、彼はほかの弟子たちにこう言いました。

私は、その手に釘の跡を見て、釘の跡に指を入れ、その脇腹に手を入れて見なければ、決して信じません。(25)

だから、イエス様が鍵がかけられた部屋に奇跡的に入って、トマスのぽかんと顔を見た時、多分イエス様は微笑みながら、こう言いました。

あなたの指をここに当てて、私の手を見なさい。手を伸ばして、わたしの脇腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。(27)

トマスの反応は?

私の主。私の神よ。(28)

イエス様は答えました。

あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ないで信じる人たちは幸いです。(29)

つまり、「あなたの信仰は、あなたが見たものによるでしょうか。とりあえず、それはいいけど、あなたが見ないままでも信じるなら、本当の祝福を知ります。」ということです。

アブラハムもその祝福を知りました。アブラハムは神様が彼をどこに導いているかよくわからなかったけど、アブラハムは自分の地元を去って、神様に従いました。なぜなら、アブラハムは神様の約束を信じたからです。

ノアもその祝福を知りました。神様が洪水が発生すると言ったから、ノアは大きい箱舟を作りました。

ダビデもその祝福を知りました。神様がダビデが王になると約束したから、サウロ王が何回もダビデを殺そうとしても、ダビデは仕返しを求めませんでした。そして、神様のタイミングで、ダビデは王になりました。

マリアもその祝福を知りました。彼女は天使のメッセージを信じて、イエス様の母になりました。

聖書の時代から現代まで、たくさんの人々は神様を信じて、祝福されました。

でも、それは盲信ではありません。

イエス様が生まれる何百年前に、いろんな預言者はたくさんのことをイエス様に関して預言しました。

また、イエス様に出会った人は自分の経験を書きました。ヨハネはこう書きました。

イエス様は弟子たちの前で、ほかにも多くのしるしを行われたが、それらはこの書には書かれていない。これらのことが書かれたのは、イエスが神の子キリストであることを、あなたがたが信じるためであり、また信じて、イエスの名によっていのちを得るためである。(30-31)

それに、私たちは教会の有名人の経験も見ます。例えば、オーガスティンや、マルティン・ルターや、ジャン・カルヴァンは神様の御国のために素晴らしいことをしました。

今なお、教会で私たちはたくさんのクリスチャンに出会います。神様は彼らの人生の中で働いて、福音を通して彼らの人生を変えてくださいました。

また私たち自身も、イエス様に出会って、自分の目で神様の働きを見ます。

でも、私たちは一つの選択をしなくてはなりません。

「主よ。私はあなたを見たことがありません。それでも、あなたを信じます。」

そして、私たちがイエス様を信じて従うと、イエス様はますます自分自身を私たちに現わしてくださいます。そして私たちも祝福を知ります。

ペテロはこう言いました。

あなたがたはイエス・キリストを見たことはないけれども、愛しており、今見てはいないけれども信じており、ことばに尽くせない、栄えに満ちた喜びに躍っています。あなたがたが、信仰の結果であるたましいの救いを得ているからです。(第一ペテロ1:8-9)

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨハネの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中