マタイ28:11-15--説得されることを拒む人

私は祭司長たちとパリサイ人たちの頑なな心なんて、信じられません。イエス様のお墓を警備するために、彼らが対策を練たのに、そのお墓は空っぽになりました。彼らでも、その事実を認めなくてはなりませんでした。

彼らは番兵たちの話を聞いて、地震と天使のことを知りました。

さらに、彼らはきっと、ほかの復活された人々に関して聞いたはずです。(マタイ27:52-53)

でも、その証拠を見ても、彼らはまだイエス様がキリストであることを信じませんでした。だから、弟子たちがイエス様の死体を盗んだ噂を広げるために、彼らは番兵たちにお金をあげました。自分が律法をちゃんと守ると自慢する人なのに、彼らはそんな嘘を広めました。

その行為によって、彼らはイエス様の言葉の正しさを証明しました。ラザロのたとえ話で、イエス様はこう言いました。

モーセと預言者たちに耳を傾けないのなら、たとえ、誰が死人の中から生き返っても、彼らは聞き入れはしない。(ルカ16:31)

イエス様とほかのユダヤ人たちがよみがえられたのに、パリサイ人たちや祭司たちはどうしても信じませんでした。

今なお、そんな人もいます。あなたは彼らに神様の存在の証拠を示して、聖書やイエス様に関する彼らの疑問に答えるかもしれません。

また、彼らは自分が説明できないことを見るかもしれません。例えば、彼らはクリスチャンの知り合いのがんが癒されることを見るかもしれません。それでも、彼らはどうしても信じません。

最終的に、どうしてもイエス様を信じない人がいます。彼らが信じることができないわけではなく、彼らは信じたくないのです。そして、神様が彼らに恵みを与えてくださらないなら、彼らは決して信じないでしょう。

それでは、私は何を言いたいのでしょうか。

祈ってください。神様だけが彼らの目を開けるから。パウロはこう言いました。

それでもなお私たちの福音に覆いがかかっているとしたら、それは、滅び行く人々に対して覆いがかかっていると言うことです。彼らの場合は、この世の神が(つまり、サタン)、信じない者たちの思いを暗くし、神のかたちであるキリストの栄光にかかわる福音の光を、輝かせないようにしているのです。(第二コリント4:3-4)

それでは、私たちは何を祈るべきでしょうか。キリストの御顔にある神の栄光を知る知識を輝かせるために、神様が彼らの心を照らしてくださるように祈るべきです。(第二コリント4:6)

パウロ自身はそのように救われました。彼は霊的な盲目で、真理を拒絶したけど、神様は文字通りに、また、比喩的に光をパウロに照らしてくださいました。その光によって、パウロの人生は全く変わりました。

あなたが愛している人々の頑なな心を見て、失望しているでしょうか。あなたは彼らの心を変えることができません。あなたは何を言っても、何をしても、その心を変えることができません。でも、神様はそんな力を持っています。

だから諦めないでください。祈ってください。熱心に祈ってください。そして、神様の恵みによって、彼らは救われるかもしれません。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中