マタイ27:32-61;マルコ15:24-47;ルカ23:32-56;ヨハネ19:18-42--聖書が成就するため

この個所を読んではっきりすることは、イエス様の死が偶然ではなかったことです。また、イエス様の死は、神様の間違いではありませんでした。むしろ、この時間が始まる前から、神様は私たちの救いを計画しておられました。

皮肉なことは、祭司長たちがイエス様がメシアであるしるしを求めると、イエス様はそのしるしを与えたんだけど、彼らはそのしるしが認識できなかったことです。彼らはイエス様が十字架から降りるように挑戦したけど、イエス様は預言を指しました。

だから、イエス様は叫びました。

わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか。(マタイ27:46)

祭司長たちは、イエス様がエリヤという預言者を呼んでいたと思いました。でも、実はイエス様は彼らに詩篇22篇を指していました。なぜでしょうか。なぜなら、十字架でイエス様はダビデの書いたことを成就したから。

十字架でイエス様は侮辱されて、軽蔑されました。実は、祭司長たちは思わずダビデの詩篇を引用しました。22篇で、ダビデの敵はこう言いました。

主に身を任せよ。助け出してもらえばよい。主に救い出してもらえ。彼のお気に入りなのだから。(詩篇22:8)

祭司長たちはイエス様に関して、こう言いました。

彼は神に拠り頼んでいる。神のお気に入りなら、今、救い出してもらえ。「わたしは神の子だ」と言っているのだから。(マタイ27:43)

ダビデの時代、十字架という刑罰はまた存在していませんでした。それでも、ダビデは十字架の死について生々しい描写を与えました。ダビデはこう言いました。

水のように 私は注ぎ出され、
骨はみな外れました。(詩篇22:14a)

実際、十字架にかかった人の骨んの関節はしばしば外れたそうです。

そして、ダビデはこう言いました。

心はろうのように
私のうちで溶けました。(詩篇22:14b)

ヨハネによれば、兵士がイエス様の脇腹を槍で突き刺すと、血と水が出てきました。現代の医者によれば、その血と水が出るのは、心不全のしるしです。

ダビデは、イエス様が喉が渇くことをも預言しました。

舌は上あごに貼り付いています。(詩篇22:15)

また、ダビデはイエス様の手と足が刺されたことを預言しました。(ダビデは釘ではなく、犬(またはライオン–>13節を読んでください)の歯の描写を使ったけど)。

犬どもが私を取り囲み
悪者どもの群れが私を取り巻いて
私の手足にかみついたからです。(詩篇22:16)

それに、十字架でかかった人は自分の胸郭を見ることができました。

ダビデはそんなことについても話しました。

私は自分の骨をみな数えることができます。(紙片22:17)

またダビデは、兵士たちがイエス様の服のために賭けたことを預言しました。

彼らは私の衣服を分け合い
私の衣をくじ引きにします。(詩篇22:18)

そのらの預言はイエス様を指していました。祭司長たちは聖書をよく知っていたけど、そのことが認識できませんでした。

ヨハネはほかの聖書の個所も参考します。詩篇34篇と69篇、またゼカリヤ書12章もイエス様のことを指します。

さらに、イザヤ書53章は具体的にイエス様のことを指します。

イエス様は私たちの背きのために刺されました。また、イエス様は私たちの罪のために砕かれました。(5節)

証人たちがイエス様に言いがかりをつけたのに、イエス様は何も言いませんでした。(7節)

イエス様は自分の敵のためにとりなしをしました。(12節)

イエス様は悪者たちと一緒に葬られるはずでしたけど、最終的にお金持ちの人のお墓に葬られました。(9節)

そして、イエス様はよみがえられました。(10-11節)

だから、私はもう一度言います。イエス様の死は偶然ではありませんでした。時間が始まる前に天の父はイエス様の死、また私たちの救いを計画しました。

だから、イエス様の十字架の御業を当たり前のものだと決して思わないでください。むしろ、感謝を持って、私たちの救いのため、またイエス様が支払った代価のために天の父をほめたたえましょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, ヨハネの福音書, ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中