ヨハネ19:25-27--私の苦しみを脇へ置くこと

私たちがどれだけわがままであるか知りたいなら、悲しんでいるときに、私たちがどう反応するかを見るべきです。私たちが試練に直面するとき、私たちが苦しんでいるとき、私たちは何に焦点を当てるでしょうか。自分自身に焦点を当てるでしょうか。

自己憐憫に浸るのは普通の反応だと思います。

「どうして私はこんな試練に向き合っているだろうか。いつまで私は苦しまなけてはならないのか。」という質問は普通だと思います。

でも、私たちが十字架を見るとき、イエス様は、自分自身よりも、周りの人々に焦点を当てました。イエス様は一人の犯罪人を憐れんだし、敵のために祈ったし、このシーンでは、私たちは、マリアに対するイエス様の愛を見ます。

マリアは十字架のもとで泣いていました。マリアの長男はひどい罰を受けて、死にかけていました。マリアのほかの子どもたちは十字架の近くいなかったらしいです。もしかして、彼らはイエス様が狂って(マルコ3:21)、イエス様が彼らの家族に恥をかかせたと思ったかもしれません。

だから、他の息子たちや娘たちはおらず、マリアは十字架のもとで泣きました。家族からの慰めはありませんでした。だから、イエス様は愛している弟子(多分ヨハネ)を見ると、マリアにこう言いました。

女の方、御覧なさい。あなたの息子です。(26)

(その時代、「女の方」というのは、とても丁寧な表現でした。)

そして、イエス様はヨハネにこう言いました。

御覧なさい。あなたの母です。(27)

その後、ヨハネはマリアを自分のところに引き取りました。

イエス様は自分の苦しみだけを考える権利を持ったでしょう。彼は無実でした。イエス様はその苦しみに値しませんでした。それでも、彼は自分の苦しみをわきへ置いて、周りの人々を見て、愛を示しました。

あなたはどうですか。

私のかつて牧師の奥さんは本当に素晴らしい人でした。私が知り合った人の中で、彼女は最も愛を示す人の一人でした。彼女は亡くなるまで、そのような人でした。彼女ががんにかかって、だんだん健康が悪くなってきたので、結局自分のベッドにずっといて、ほかの人々が彼女の世話をしなくてはなりませんでした。それでも、彼女は自己憐憫に浸りませんでした。最後まで、彼女は彼女の世話する人にイエス様の愛で触れようとしました。

もちろん彼女は完全な人ではありませんでした。多分、気が沈んだときもあったでしょう。でもイエス様のように、彼女は自分の苦しみを脇へ置いて、周りの人々に愛を示しました。

あなたはどんな苦しみを経験しているでしょうか。どんな試練に直面しているでしょうか。

あなたは何に焦点を当てるでしょうか。自分自身でしょうか。もしかしたら、あなたは自分の苦しみを脇へ置いて、周りの人々のニーズを見ることができるでしょうか。

苦しむときに自分自身に焦点を当てる心は、苦しみにとどまります。でも自分の苦しみを脇へ置いて、周りの人々のニーズを見る心はその苦しみの上に上がって、もう一度喜びを見いだします。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨハネの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中