ヨハネ19章14-19--あなたの王は誰でしょうか

ピラトと祭司長たちの会話を見ると、私たちは聖書の話の中で、最も大きい皮肉の一つを見ます。

ピラトは神様のことを全然知らなかったけど、彼は祭司たちとほかのユダヤ人たちに叫びました。「見よ。お前たちの王だ。」

ピラトは100%正しかったのです。イエス様は、ユダヤ人たちの王でした。

でも、世間一般の人々よりも、神様をよく知っているはずのこの祭司長たちは主張しました。「カエサルのほかには、私たちに王はありません。」

ピラトは、「カエサルのほかには、私たちに王はない」と言うべき人だけど、彼は「イエス様は王だ」と言いました。

その反面、「イエス様は王」と言うはずのユダヤ人たちは、むしろ、「カエサルは王」だと言い張りました。

祭司長がそう信じなくても、彼らは「神は王だ」と言うはずでした。でも、彼らは怒り過ぎて、考えずに「カエサルは王」だと叫んでしまいました。

あなたはどうですか。あなたの王は誰でしょうか。

あなたは祭司長と違って、「イエス様は王だ」と言うかもしれないけど、あなたの行為は同じことを伝えるでしょうか。

もしかしたら、周りの人々はあなたの行為を見ると、「あなたの王はあなたの会社」だと言われるでしょうか。なぜなら、あなたにとっては、仕事は一番大切だから。

もしかしたら、「あなたの家族はあなたの王だ」と言われるでしょうか。

もしかすると、「あなたの趣味はあなたの王だ」と言われるでしょうか。

日本では、とても大きい神は、文化という神です。

多くのクリスチャンの間でも、文化は王として支配します。

日本の文化の要求に従うプレッシャーはとても強いです。

だから、彼らは家族の平和を守るため、彼らは自分の信仰を曲げてしまいます。

また、自分のキャリアを守るため、彼らは教会に行くのをやめます。

もし誰かがあなたの人生を見て、「これはあなたの神」だと言ったら、何を指すでしょうか。

あなたの仕事でしょうか。

あなたの文化でしょうか。

あなた自身でしょうか。

もしかしたら、神を指すでしょうか。

もっと大切なのは、あなたの答えです。もし自分自身の人生を見ると、あなたは正直に「神様は私の神」だと言えるでしょうか。

もしかしたら、別のものを指すべきでしょうか。

あなたの王は誰でしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨハネの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中