マタイ27:1-10--死をもたらす悲しみ

この話では、私たちはイスカリオテのユダの死を見ます。

イエス様が死刑を宣告されたことを見て、ユダは後悔して、祭司長たちと民の長老たちの所に行って、こう言いました。

私は無実の人の血を打って罪を犯しました。(4)

そして、彼はもらったお金を返そうとしたけど、祭司長たちや長老たちがそのお金を受けることを拒んだので、ユダはそのお金を神殿に投げ込んで、立ち去りました。そして、彼は首を吊りました

コリント人への手紙第二7章で、パウロは二種類の悲しみについて話しました。パウロはこう言いました。

神様のみこころに添った悲しみは、後悔のない、救いに至る悔い改めを生じさせます。。。(7:10a)

ペテロはそんな悲しみを経験しました。彼はイエス様を知ることを三回否定して、本当に悲しみました。でも、彼は悔い改めたので、赦されて、イエス様の弟子としての立場に戻りました。

その反面、ユダは決して悔い改めませんでした。もちろん彼は自分の行為の結果を後悔しました。でも、神様からの赦しを求めずに、ユダは自殺してしまいました。パウロはそんな悲しみを「死をもたらす悲しみ」と呼びました。(第二コリント7:10b)

残念なことだけど、たくさんの人はユダのような悲しみを経験します。彼らが自分の行為の悪い結果を見るけど、赦しの希望がないと思います。その行為がひどすぎて、神様が彼らを赦せないと思います。

私たちはそんな人のために何をしているでしょうか。

祭司長たちはユダに神様からの赦しを知ることを助けてくれるはずだったけど、そうしてくれませんでした。むしろ、彼らはユダの悲しみを見て「で?もしあなたが悪いことをしたら、それは自分の責任です。私たちには関係ない。」と言われました。

もちろん、祭司長たちは罪深い心を持って、ユダを助けることができませんでした。ユダを助けるのに、彼らは自分自身の罪を認めなくてはならなかったでしょう。でも彼らは自分の罪を認めたくありませんでした。

皮肉なことだけど、そのお金が「血の代価」だから、彼らはそのお金を神殿の金庫に入れられないと思いました。実は、彼らは自分の罪が分かったからでしょう。

とにかく、神様の祭司として、私たちは、彼ら自身の罪で苦しんでいる人々を助けるべきです。私たちはそうしているでしょうか。私たちは、彼らが悔い改めると、神様が彼らを赦してくださることを、彼らに伝えているでしょうか。

もしかすると、彼らが苦しんでいることを私たちは喜んでいるでしょうか。私たちは彼らに「それはあなたの責任だよ。身から出た錆だよ。私の助けを求めるな。」と言うでしょうか。

イエス様はペテロにそんなことを言う権利を持っていました。イエス様は、ペテロだけにではなく、すべての弟子たちにそう言えたでしょう。でも、その代わりにイエス様は彼らに恵みを与えてくださいました。イエス様は神様からの赦しを示しました。だから、彼らが悔い改めて、彼らの人生は全く変わりました。

イエス様は、私たちが周りの人々のためにそうするように望みます。あなたはそうしているでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中