マタイ26:69-75;マルコ14:66-72;ヨハネ18:15-18;25-27--自分の心を見極めること

イエス様の裁判を見る前に、ちょっとペテロの話を見たいと思います。この話に関しては、福音書を統合するのはちょっと難しいです。でも私はその話をちゃんと理解するなら、ペテロは実際にイエス様を知ることを4回否定したけど、証人たちの前では三回否定しました。

最初の否定は、大祭司の家の中庭で起こりました。もう一人の弟子(もしかしたらヨハネかもしれないけど、もしかしたら12の弟子たちのグループの外の弟子かもしれない)が大祭司をよく知っていたので、中庭に入って、彼がペテロのことを保証したので、ペテロも入ることができました。(ヨハネ18:15-16)

でもこの話に、あるしつこい女性が登場します。彼女が門番なので、ペテロが入ったとき、彼女は訊きました。

あなたも、あの人の弟子ではないでしょうね。(ヨハネ18:17)

ペテロは、「違う」と答えました。

そしてペテロは彼女から逃げたけど、彼が火に当たっているとき、彼女は彼について行って、彼をじっと見つめて、言いました。

あなたも、ナザレ人イエスと一緒にいましたね。(マルコ14:67)

そして、大きな声で、彼女は皆に叫びました。

この人も、イエスと一緒にいました。(ルカ22:56)

それを聞いて、彼らはペテロに訊きました。

あなたもあの人の弟子ではないだろうね。(ヨハネ18:25)

ペテロは答えました。

弟子ではない。何を言っているのか分からない。理解できない。(ヨハネ18:25b;マルコ14:68)

そして、ペテロはすぐに前庭の方に来ました。でもじきに、その同じ女性はほかのしもべと一緒にペテロと向き合いました。もしかしたら、その友達は以前にペテロとイエス様を見たことがあったかもしれません。そして、門番はペテロを指して、「この人はあの人たちの仲間です。」と言いました。(マルコ14:69)

そして、その友達も、みんなの前で言いました。

この人はあの人たちの仲間です。(マタイ26:71)

その中庭にいる一人の人はそれを聞いて、ペテロを見ました。彼もペテロを認識して、叫びました。

あなたも彼らの仲間だ。(ルカ22:58)

ペテロはそれを聞いて、誓いました。「いや、違う。そんな人は知らない」(マタイ26:72;ルカ22:58b)

それを聞いて、たぶん皆はちょっと静まったけど、1時間後、ほかの大祭司のしもべが通りかかって、ペテロを見ました。おまけに、彼はペテロに耳を切り落とされた人の親類でした。だから彼は言いました。

あなたが園であの人と一緒にいるのを見たと思うが。(ヨハネ18:26)

ペテロはそれを否定しようとすると、もう一人の人は叫びました。

確かに、あなたはあの人たちの仲間だ。ガリラヤ人だから。ことばのなまりで分かる。(マタイ26:73;マルコ14:70)

それを聞いて、ペテロはパニックになって、噓ならのろわれてもよいと誓い始め、「そんな人は知らない」と叫びました。(マタイ26:74)

そして、鶏が鳴きました。

その瞬間、ペテロは大騒ぎを聞いて、イエス様がピラトのところに連れて行かれていることを見ました。そして、イエス様は振り向いてペテロを見つめられました。ペテロは自分が何をしたかわかって、外に出て行って、激しく泣きました。

それは私の福音の統合です。(ちょっと間違いがあるかもしれないけど。)

とにかく、私たちはその話から何を学ぶことができるでしょうか。

私たちがペテロを批判するのは簡単なことです。私たちは彼の臆病と偽善を批判することができます。でもそうする前に、まず私たちは自分の心を見つめた方がいいと思います。

実は、私がペテロなら、私はもっと勇気を持っていたかどうかわかりません。

私は十代の時、同じようなことをしましたから。私の友達が私に「君はクリスチャンですか」と訊いたら、私はその質問を逃れようとしました。私はなぜか「はい」と答えられませんでした。

いまだに、私はそのことを考えて、恥ずかしいです。

さらに、私はほかのクリスチャンが別の罪に落ちることを見たことがあります。特に、彼らは性的な罪に落ちます。でも、私もそのような誘惑によく直面して、私は気を付けないと、その罪に落ちるかもしれません。私は弱いから。神様の恵みだけによって私は立っています。

私たちがほかの人々が罪に落ちることを見ると、そのことを覚えていなくてはなりません。私たち皆は弱いものです。私たち皆は罪に落ちるかもしれません。だから、相手を裁く前に、その人を憐れんで、彼らの回復を求めましょう。

パウロの言葉を覚えていましょう。

兄弟たち。もしだれかが何かの過ちに陥っていることが分かったなら、御霊の人であるあなたがたは、柔和な心でその人を正してあげなさい。また、自分自身も誘惑に陥らないように気をつけなさい。(ガラテヤ人への手紙6:1)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, ヨハネの福音書, ルカの福音書, 新約聖書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中