ヨハネ16:16-33--平和を喜びを見つけるのに

この個所をを読むと、イエス様の言葉に弟子たちが頭を抱えていることが分かります。なぜなら、イエス様は去って行くと言ったから。彼らがその言葉に拘ったので、イエス様のほかの言葉はかすんでしまいました。

聖霊様のことや、将来の祝福のことについてのイエス様の言葉を聞かずに、彼らは繰り返して思いました。「イエス様は去って行きます。私たちはどうしようか。」

だからイエス様は彼らを励ましながら、彼らに警告しました。

まことに、まことに、あなたがたに言います。あなたがたは泣き、嘆き悲しむが、世は喜びます。あなたがたは悲しみます。しかし、あなたがたの悲しみは喜びに変わります。女は子を産むとき、苦しみます。自分の時が来たからです。しかし、子を産んでしまうと、一人の人が世に生まれた喜びのために、その激しい痛みをもう覚えていません。あなたがたも今は悲しんでいます。しかし、わたしは再びあなたがたに会います。そして、あなたがたの心は喜びに満たされます。その喜びをあなたがたから奪い去る者はありません。(20-22)

イエス様の死と復活で、その言葉は成就しました。イエス様が十字架で付けられたとき、イエス様の敵は喜んだけど、弟子たちは絶望しました。でも弟子たちが、よみがえられたイエス様を見ると、彼らの悲しみは喜びに代りました。だから、彼らが迫害やいろんな苦しみに臨んでも、彼らの喜びを奪い去ることができる者はありませんでした。そして、その喜びを持って、彼らはこの世を変えました。

でもイエス様の言葉は私たちにも当てはめられると思います。イエス様がこの世に戻るまで、私たちはいろんな試練に臨みます。今は、私たちの悲しみの時間です。

パウロはこう書きました。

私たちは知っています。被造物のすべては、今に至るまで、ともにうめき、ともに産みの苦しみをしています。それだけでなく、御霊の初穂をいただいている私たち自身も、子にしていただくこと、すなわち、私たちのからだが贖われることを待ち望みながら、心の中でうめいています。(ローマ人への手紙8:22-23)

でもイエス様がこの世に戻ると、私たちはイエス様を顔と顔を合わせて見ると、私たちは喜ぶし、私たちの喜びを奪い去ることができる者はありません。

でもイエス様が戻るまで、イエス様がの十字架の働きの故に、私たちは神様に近づくことができます。

だからイエス様のみ名によって、私たちが天の父に何でも求めることができて、与えてくださいます。そして、私たちの喜びは満ち溢れるようになります。(ヨハネ15:23-24;26-27)

時々私たちがイエス様の言葉の例外を教えすぎると思います。

もちろん私たちの祈りは神様の心に応じなくてはなりません。

もちろん、私たちが間違って蛇を頼むと、神様は断る権利を持っています。

でもその例外に拘り過ぎると、私たちは神様から何も求めなくなってしまいます。天の父は私たちにためらわずに訊いてほしいのです。

どれだけ私たちは聞かないので、神様からの祝福を逃すでしょうか。どれだけ私たちが心の願いを神様に頼まないので、私たちの喜びは不完全でしょうか。

だから、願いましょう。

パウロの言葉を覚えていてください。

同じように御霊も、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、何をどう祈ったらよいか分からないのですが、御霊ご自身が、ことばにならないうめきをもって、とりなしてくださるのです。人間の心を探る方は、御霊の思いが何であるかを知っておられます。なぜなら、御霊は神のみこころにしたがって、聖徒たちのためにとりなしてくださるからです。(ローマ人への手紙8:26-27)

時々、私たちは弱いので、何のために祈るべきか分かりません。時々私たちは悪いことのために祈ってしまいます。でもその時、聖霊様は私たちのためにとりなしてくださって、私たちの益のために祈ってくださいます。だから、パウロはこう言いました。

神を愛する人たち、すなわち、神のご計画にしたがって召された人たちのためには、すべてのことがともに働いて益となることを、私たちは知っています。(ローマ人への手紙8:28)

だから、この三つのことを覚えていて安心しましょう。

  • 私たちの事情がどんなに悪くても、イエス様はこの世に戻って、すべてを癒してくださいます。
  • 神様が私たちを愛しているので、私たちは何を頼んでもいいです。そして、聖霊様は私たちのためにとりなしてくださって、良いことだけを与えてくださいます。
  • 神様は自分の計画に従って、すべてのことを私たちのために全てのことが共に働いて益となります。

その三つの言葉を覚えていると、イエス様の言葉はあなたの心にもっと強く響くでしょう。

これらのことをあなたがたに話したのは、あなたがたがわたしにあって平安を得るためです。世にあっては苦難があります。しかし、勇気を出しなさい。わたしはすでに世に勝ちました。(33)

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨハネの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中