ヨハネ15:12-17--愛の戒め

我々クリスチャンが「互いに愛し合いなさい」というイエス様の戒めの意味合いがわかるかどうか、私は疑問に思います。

一つの意味合いは、愛がただの感情ではないことです。

神様でも、私たちに自分の感情を変えるように命令できません。

例えば、私はあなたに、「私に怒りなさい」と言っても、あなたが怒る理由がないと、私に怒ることにならないでしょう。でも私があなたを殴ると、もちろんあなたはすぐに怒るでしょう。なぜなら、怒りは感情ですから。私たちの状況によって、私たちの怒りは出ます。

また落ち込んでいる人に、「元気になりなさい」と言っても、その人は急に嬉しくならないでしょう。私たちの状況によって、私たちは嬉しくなるから。

でも、イエス様は私たちに命令します。「互いに愛し合いなさい。」

もし愛がただのセンチメンタルな感情なら、イエス様は私たちに「愛し合いなさい」と命令できませんでした。なぜなら、私たちの愛は周りの人々との関係によるから。もし仲良しだったら、その人を愛せます。でもそうでないと、愛せません。

では愛とは、どんなものでしょうか。愛とは、私たちが相手を高い価値のある人とみなすことです。そして私たちがその態度をもって、相手を扱うことです。

イエス様はそんな愛の最高の表現を説明します。

人が自分の友のために命を捨てること、これよりも大きいな愛は誰も持っていません。(13)

つまり、最高の愛とは、私たちは自分自身よりも相手を大事にすることです。

イエス様は私たちにそんな愛を示してくださいました。イエス様が天国を出て、この世に来て、私たちの罪のために死んでくださるほどに、私たちを愛してくださいました。私たちに値した罰を受けるほどに、イエス様は私たちを愛してくださいました。

だから、イエス様が私たちを大事にしたように、私たちも周りの人々を大事にするべきです。私たちが彼らのために命を捨てるほどに、私たちは彼らを愛するべきです。

「でも、それは無理でしょう。あなたは私が毎日どんな人を扱わなくてはならないことが知らないでしょう。私自身を彼らのために犠牲にするべきでしょうか。そんなに彼らを大事にするべきでしょうか。」

はい、そのとおりです。

でもそうするのに、私たちは新しい心が必要です。でも、私たちがぶどうの木に繋がってこそ、その変化がありえます。

あなたが神様の愛を受けると、あなたの失敗と罪にもかかわらず神様があなたを愛してくださることが分かります。その神様の愛が分かると、相手の失敗と罪にもかかわらず、あなたは彼らを愛せるようになります。でも、イエス様に繋がらずに、神様の愛をいつも受けていないなら、相手にそんな愛を示すのは無理だともいます。

あなたの周りに、愛しづらい人がいるでしょうか。正直言うと、私の周りにはそんな人がいます。

でも、愛はただの感情ではありません。愛は選択です。でも私たちに対する神様の愛が分からないと、私たちにはそんな選択ができません。

だから、神様に近づきましょう。私たちが神様の愛に根ざすように。そうすると、神様の愛が私たちを通して流れて、私たちは愛の実を結びます。

この世はそんな愛を必死に探しています。

あなたはどうするでしょうか。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨハネの福音書, 福音書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中