ルカ22:35-38--敵対的な世に直面すること

イエス様と弟子たちが二階の大広間を出ると、イエス様は彼らにこう訊きました。

わたしがあなたがたを財布も袋も履物も持たせずに遣わしたとき、何か足りないものがありましたか。(35)

その以前、イエス様は弟子たちをイスラエルの各地に福音を延べ伝えるために二回遣わしました。(ルカ9-10)

その時、イエス様は、彼らが何もを持たずに、彼らが行く都市にいる人のもてなしに頼りなさいと命令しました。

イエス様の人気さの最中で、人々は弟子たちのニーズに備えてくれました。時々、弟子たちは敵対的な人に出会ったけど、弟子たちを歓迎する人にも出会いました。(ルカ22:35b)

でも、彼らの事情は変わりました。イエス様は「不法な者たちとともに数えられた」ので、彼らにたいする敵対的な人は増えました。(37-38)

以前に弟子たちを歓迎した人は、もはや彼らを歓迎しません。だから、イエス様は弟子たちに警告しました。

しかし今は、財布のある者は財布を持ち、同じように袋も持ちなさい。剣のない者は上着を売って剣を買いなさい。(36)

つまり、「これから、私についていくと、とても危険です。だから用心しなさい。」ということです。

弟子たちは答えました。

主よ、ご覧ください。ここに剣が二本あります。(38)

要するに、「心配しないでください。誰かが私たちを攻撃したら、私たちは彼らを撃退できます。」ということです。

実は、ゲツセマネでペテロはそうしようとしました。

イエス様は答えました。

それで十分。(38)

私は分からないけど、もしかしたら、イエス様がそれを言ったとき、ちょっとイライラしたかもしれません。なぜなら、イエス様のポイントは、暴力を暴力で戦うということではなかったから。むしろイエス様のポイントは、「敵対する人に出会うために自分の心を整えなさい」ということです。

イエス様は私たちに同じことを言います。

後でヨハネの福音書で私たちは読みますが、イエス様は弟子たちに(また私たちに)警告しました。「私のために、人々はあなたを憎みます。彼らはあなたを迫害します。その時、驚いてはいけません。」

もちろん私たちはノンクリスチャンを愛し、福音を伝えるべきです。でも、同時に私たちは注意するべきです。イエス様のために、私たちを憎む人もいます。私たちを裏切る人もいます。私たちを傷つける人もいます。私たちが愛している者もそうするかもしれません。

だから、イエス様の言葉を覚えていてください。

いいですか。わたしは狼の中に羊を送り出すようにして、あなたがたを遣わします。ですから、蛇のように賢く、鳩のように素直でありなさい。人々には用心しなさい。(マタイ10:16-17)

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中