マタイ26:20-25;マルコ14:17-21;ルカ22:21-23;ヨハネ13:18-30--裏切り

福音書を統合すると、一つの疑問は、ユダが最初の聖餐式に参加していたかどうか、ということです。

ルカはユダが参加したことを暗示するようですけど、他の著者によると、ユダは参加しなかったようです。

私の意見だけど、恐らくユダは聖餐式に参加しなかったと思います。多分、ルカは最後の晩餐の出来事を年代順位に伝えなかったと思います。

とにかく、この個所では、イエス様は裏切り者ユダを扱います。この話では、興味深い点がいくつかあります。

ヨハネは、(多分「イエス様が愛しておられた弟子」はヨハネでしょう)イエス様の隣に座ったlast supperようです。でも、ユダもイエス様の隣に座ったようです。なぜなら、すべての弟子たちはユダに対するイエス様の言葉を聞いたはずはないですから。彼らがイエス様がユダを裏切り者として指摘するのを聞いていたら、彼らはユダを責めたことでしょう。

たくさんの最後の晩餐の絵画と違って、だれも椅子に座らなかったでしょう。彼らは低いカウチに座りました。そして、彼らは横になって、左の肘に休みました。だから、彼らの頭には、隣の人の胸のところにありました。

だから、たぶん、イエス様の右にヨハネは座りましたし、イエス様の左にユダは座ったようです。

私が以前言ったように、イエス様の隣に座るのは光栄に思われることでした。だから、イエス様はユダをその左に座らせることによって、ユダに光栄を与えました。

それでも、イエス様はユダの心をよくご存じでした。

だから、イエス様はこう言いました。

まことに、まことに、あなたがたに言います。あなたがたのうちの一人が、わたしを裏切ります。(ヨハネ13:21)

弟子たちはそれを聞いて、衝撃を受けました。そして、一人一人は、イエス様に訊きました。「まさか私じゃないでしょう。」

ユダ自身もイエス様にそう訊きました。

もしかしたら、ユダはイエス様を全くだましたと思ったかもしれません。でも、イエス様は答えた。「はい。あなたですよ。」

ユダのショックを想像してください。彼の秘密はばれました。もしかしたら、彼はイエス様が皆の前でユダを暴露して、ユダが殺されると思ったかもしれません。

多分そのときぐらい、ペテロはヨハネに訊いたでしょう。「イエス様が誰について話しているか、訊いてごらん。」(ヨハネ13:24)

イエス様はヨハネに答えました。

わたしがパン切れを浸して与える者が、そのひとです。(ヨハネ13:26)

実は、その時代に、パン切れを浸して与えるのはもう一つの光栄を与え方でした。

だからイエス様がそのパン切れを浸して、ユダに与えたら、たぶんヨハネ以外の他の弟子たちは「すごいな。私たちが思ったより、ユダは偉いな。」と思ったでしょう。

ユダ自身は驚いたでしょう。彼は一瞬イエス様の言葉を誤解していたと思ったかもしれません。

でも、イエス様は彼に言いました。

あなたがしようとしていることを、すぐしなさい。(ヨハネ13:27)

ユダはそれを聞くと、イエス様が彼の心をよく知っていたことが分かりました。そして彼はその家を出て、イエス様を裏切るためにイエス様の敵の所に行きました。

この話から私たちは何を学ぶことができるでしょうか。

一つ目は、私たちを裏切る人もいるということです。彼らは私たちをわざと傷つけます。そのとき、私たちが苦々しい思いを持って、彼らを軽蔑するのは簡単です。

でも、イエス様がユダを神様に造られた人間として尊敬したように、私たちも、裏切り者を神様に造られた人間として、尊敬するべきです。

それでも、私たちは彼らの性格をよく知っているべきです。彼らの性格に関して、私たちは自分自身を騙してはいけません。そして、できるだけ、私たちは自分自身を守るべきです。

イエス様の人生を見ると、イエス様にはその習慣がありました。人々がイエス様を殺そうと思ったとき、イエス様はすぐに逃げました。ユダの場合だけ、イエス様は逃げませんでした。なぜなら、イエス様の時間がやっと来たから。イエス様がこの世に来る目的は私たちの罪のために死ぬことです。

でも一般的に神様は、私たちが相手からの虐待を受けることを要求しません。だから、できるだけ、その人を避けてください。

もしなぜかその人を避けれらないなら、あなたの「盾」をいつも使ってください。つまり、彼らがいるとき、気を付けてください。もし、彼の性格をよく知っていて、自分の心を彼らの言葉や行為のために整えるなら、自分自身を守ることができます。

それでも、私たちは相手を許すべきです。さらに、私たちは彼を神様に造られた人間として尊敬するべきです。ペテロはこう書きました。

悪に対して悪を返さず、侮辱に対して侮辱を返さず、逆に祝福しなさい。あなたがたは祝福を受け継ぐために召されたのです。(第一ペテロ3:9)

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, ヨハネの福音書, ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中