マタイ25:1-13--準備すること

25章では、二つのたとえ話を通して、イエス様は先に教えたことを重視します。つまり、私たちが目を覚まして、イエス様の戻りを待ち望まなくてはならないし、イエス様が命令したように私たちは忠実に仕えなくてはなりません。

この一つ目の話では、多くの人々がすべての細かいことも解釈したいので、時々彼らは言い過ぎると思います。

でも、この話の要点は、私たちは目を覚まして、準備して、イエス様の戻りを待ち望むことです。なぜなら、私たちが予想しないうちに、イエス様は戻るから。

この話では、住人の娘はそれを学びました。花婿が花嫁の家に行って、そしてその二人が帰ると、婚礼の祝宴が始まる予定があったので、皆は待っていました。でも、なぜかその二人は遅れたので、彼らがやっと来た時、10人の娘たちは寝ていました。その娘たちが起きると、彼らのともしびは消えそうだったので、彼女らは油がもっと必要でした。5人の娘たちは余分な油を持っていたので、そのともしびを整えました。でも、ほかの5人たちは余分な油を持っていなかったので、油を買いに行かなくてはなりませんでした。

でも、彼女らが帰ると、家の戸が閉じられたので、彼女らは入ることができませんでした。

イエス様の要点は何だったでしょうか。ある人々は花婿の戻りのために準備していたと思ったけど、実は彼女らはちゃんと準備していませんでした。でも、ある人々は、ちゃんと準備していました。ちゃんと準備した人々は婚礼の祝宴に参加できたけど、準備していない人々は参加できませんでした。それに、彼らは家に入ることもできませんでした。

イエス様が戻るとき、多くのユダヤ人はその愚かな娘のようです。彼らはメシアのためにずっと待ち望んでいます。あるユダヤ人はちゃんと準備しています。つまり、彼らがイエス様をメシアとして認めて、聖霊に満たされたので、イエス様が戻ると、神の国に入ることができるということです。

でも、あるユダヤ人たちはちゃんと準備していると思うけど、実は準備していません。そしてイエス様が戻ると、彼らはそのことが分かります。その時、彼らはやっと、イエス様がメシアだとわかります。でも、彼らは手遅れで、神の国に入ることができません。

ユダヤ人たちだけではなく、ユダヤ人ではない人もそれを経験します。

多くの人々は自分がクリスチャンと言い張ります。でも、彼らは本当にイエス様を主と救い主として受け入れていません。彼らの見かけが敬虔であっても、彼らは敬虔の力を否定する者です。(第二テモテ3:5)

彼らはイエス様に従うと言うけど、自分自身のために生きています。

だから、イエス様が戻ると、彼らは自分の心が整っていないとわかって、神の国に入ることができません。

あなたはどうですか。イエス様の戻りのために準備しているでしょうか。一つの道しかないのです。パウロはこう言いました。

なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われるからです。(ローマ10:9)

あなたはどうするでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中