マタイ24:36-51;マルコ13:32-37;ルカ21:34-36--いつも整えた心を持つこと

多くのクリスチャンたちは、いつイエス様が戻るか気になります。だから、多くのクリスチャンたちはいつイエス様が戻るか予測しようとしました。私が高校生の時、ある本が出版しました。そのタイトルは「1988年にイエス様がきっとこの世に戻る88の兆候」でした。

もちろん、イエス様は1988年に戻りませんでした。でもその著者はがっかりせずに、ほかの本を書いて、もう一度イエス様の戻りを予測しました。

なぜか、その著者のように、多くのクリスチャンたちはイエス様の言葉を無視します。

ただし、その日、その時がいつなのかは、だれも知りません。天の御使いたちも子も知りません。父だけが知っておられます。(マルコ13:32)

神様は自分の計画を立てました。でも神様は、私たちに、いつイエス様が戻るか教えてくださいませんでした。

でもイエス様は自分の戻りに関するしるしを教えました。また、私たちに「目を覚ましなさい。自分の心を整えなさい」と警告しました。イエス様はこう言いました。

気をつけて、目を覚ましていなさい。その時がいつなのか、あなたがたは知らないからです。それはちょうど、旅に出る人のようです。家を離れるとき、しもべたちそれぞれに、仕事を割り当てて責任を持たせ、門番には目を覚ましているように命じます。ですから、目を覚ましていなさい。家の主人がいつ帰って来るのか、夕方なのか、夜中なのか、鶏の鳴くころなのか、明け方なのか、分からないからです。主人が突然帰って来て、あなたがたが眠っているのを見ることがないようにしなさい。わたしがあなたがたに言っていることは、すべての人に言っているのです。目を覚ましていなさい。」(マルコ13:33-37)

残念なことだけど、多くのクリスチャンはその言葉も無視します。

前回の記事でも私は言いましたけど、イエス様はこの個所で同じことを四回繰り返すので、私も繰り返してもいいと思います。

多くのクリスチャンは、いつイエス様がクリスチャンたちを集めて、天国に連れていくか議論します。大きな患難の前にイエス様は私たちを集めるでしょうか。その患難の途中で、私たちを集めるでしょうか。その患難の後に私たちを集めるでしょうか。

私はその疑問が大切ではないとは言いません。でも、いつイエス様が戻るかという疑問よりも、イエス様が戻るときに私たちの心がもう整ったかという疑問は、もっと重要です。もし、あなたの心がいつも整っているなら、イエス様がいつ戻っても、あなたはびっくりしません。

それがイエス様のポイントです。だから、イエス様の戻りの細かいことについて議論する前に、自分自身にこの質問を聞いてください。

「もし、イエス様が今日戻っても、私の心は整っているだろうか。私はイエス様の御心に従っているだろうか。もしイエス様が今日戻るなら、私に何を言うだろうか。」

それは一番大切な質問です。

では、あなたの心はもう整ったでしょうか。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中