マタイ23:16-22--抜け穴

別の記事で、私はどうして律法主義がそんなに悪いか話しました。この個所では、私たちはもう一つの律法主義の悪い点を見ます。律法主義では、人々はいつも抜け穴を探しているわけです。彼らはその律法に文字通りに守っていると思うかもしれないけど、その律法の精神をたびたび避けてしまいます。

パリサイ人たちと律法学者たちは、たくさんの抜け穴を見つけていたと思いました。この個所では、イエス様は一つの例を指します。

律法によれば、神様に何かを誓うなら、その誓いをちゃんと守らなくてはいけませんでした。

でも、パリサイ人たちや律法学者たちは、その律法を解釈するとき、いろんなくだらないルールを作りました。

例えば、もしあなたが、神殿にかけて誓うなら、その誓いを守らなくてもいいです。でも、神殿の黄金にかけて誓うなら、その誓いを守らなくてはいけません。

また、もしあなたが、祭壇にかけて誓うなら、その誓いを守らなくてもいいです。でも、祭壇の上のささげものにかけて誓うなら、その誓いを守らなくてはいけません。

でも、イエス様はそのルールのくだらなさを指摘しました。なぜなら、神殿によって、黄金は聖なるものになったから。また、祭壇によって、そのささげものは聖なるものになりました。

だから、イエス様は彼らに言いました。「もし、あなたが神殿にかけて誓うなら、あなたはその神殿に住まわれる神にかけて誓うわけです。また、もし天にかけて誓うなら、神の御座、またその御座に座しておられる神に誓うわけです。」

イエス様のポイントは何でしょうか。

正しいことをしなさい。

神様が「私の名にかけて誓うなら、その誓いを守りなさい」と言ったとき、神様は「私の名に欠けずに誓うなら、その誓いを守らなくてもいい」ということを意味したわけではありませんでした。

もちろん誓いを守るのは大切ですけど、最も大切なのは、真実を言うことです。もし、あなたは何かをすると言うなら、それをちゃんとしなさい。

パリサイ人たちと律法学者たちは「神様に対する誓い」という言葉に集中しすぎて、「誓いをちゃんと守りなさい」という原則を見逃しました。

だから、彼らは「ブヨをこして除いた」。(神様に対する誓いを定義するのに、いろんなルールを作りました。)

でも、彼らはらくだを飲み込んでしまいました。」(彼らは何回も自分の誓いを破りました。)(マタイ23:24)

あなたはどうですか。あなたは、心から正しいことをして、神様を喜ばせたいと思うでしょうか。

もしくは、正しいことをするのが嫌なので、あなたはいつも抜け穴を探しているでしょうか。

あなたは抜け穴を見つけようと思って、その抜け穴を利用するなら、神様を喜ばせることができません。正しいことをしなさい。神様があなたに言ったことをしなさい。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中