マタイ22:23-32;マルコ12:18-27;ルカ20:27-40--聖書と神様の力が分からないと

ある英語の子どもの歌は、サドカイ人たちをこのように描写しました。

I don’t want to be a Sadduccee. (サドカイ人になりたくないよ。)
’cause, a Sadduccee is sad, you see. (だって、サドカイ人たちは情けない人たちだから。)

それはちょっとくだらないだじゃれだけど、ちょっと真実が入っています。

最終的に、彼らは希望を持っていない人でした。なぜなら、彼らは復活を信じなかったから。彼らが死ぬと、彼らの命は終わりだと思いました。その考え方は、神様に関する彼らの思いや、自分の人生に関する思いや、聖書に関する思いに影響を与えてしまいました。

彼らは神様の力がわからなかったし、神様の愛がわかりませんでした。彼らには、神様が私たちと一緒に永遠に生きたいと思うというコンセプトが全然ありませんでした。

彼らは、墓に入ると彼らの命が終わりだと思ったから、この世のものに執着しました。つまり、力とお金に執着したということです。

そんな考え方は、彼らの聖書の理解にも影響を与えてしまいました。彼らは聖書の最初の5冊だけを受け入れました(創世記から申命記まで)。彼らは預言者たちの書や詩篇などを神様の言葉として受け入れませんでした。

だから、彼らはイエス様のところに行って、パリサイ人たちを混乱させた質問をイエス様に訊きました。とてもくだらない質問だったけど、その時代のユダヤ人たちの文化では、万が一(億が一と言えるでしょうか)その話が実際になる可能性がありました。

サドカイ人たちはこう訊きました。

先生。モーセは、「もしある人が、子がないままで死んだなら、その弟は兄の妻と結婚して、兄のために子孫を起こさなければならない」と言いました。ところで、私たちの間に七人の兄弟がいました。長男は結婚しましたが死にました。子がいなかったので、その妻を弟に残しました。次男も三男も、そして七人までも同じようになりました。そして最後に、その妻も死にました。では復活の際、彼女は七人のうちのだれの妻になるのでしょうか。彼らはみな、彼女を妻にしたのですが。(マタイ22:24-28)

それはとてもくだらない疑問でしょうね。それはあり得ないと思います。

とにかく、イエス様は彼らに結構厳しく答えました。

あなたがたは聖書も神の力も知らないので、思い違いをしています。復活の時には人はめとることも嫁ぐこともなく、天の175御使いたちのようです。(マタイ22:29-30)

そして、イエス様は出エジプトからの個所を引用しました。サドカイ人たちがその個所をよく知っていたはずだけど、彼らは決してその言葉を深く考えなかったでしょう。だから、イエス様の言葉は彼らにぐさっと来たでしょう。イエス様はこう言いました。

死人の復活については、神があなたがたにこう語られたのを読んだことがないのですか。「わたしはアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である。」

神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神です。(31-32)

神様は「わたしはアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神であった」とおっしゃいませんでした。神様は、「わたしはアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である。今なお、わたしは彼らの神である。」

要するに、アブラハムやイサクやヤコブの魂はまだ生きていました。だから、イエス様はサドカイ人たちが受け入れた聖書の個所から復活を証明して、彼らの議論を潰してしまいました。

それでは、私たちはこの話から何を学ぶことができるでしょうか。神様を私たちが作った箱に入れてはいけません。サドカイ人たちは神様をそんな箱に入れてしまいました。彼らは神様の力がわからなかったので、神様がが人々を復活させることができないと思いました。

どうして、彼らは神様の力がわからなかったでしょうか。なぜなら、彼らは聖書が正しくわからなかったから。

だから、私たちがサドカイ人たちのようにならないように。聖書を勉強し、理解するように頑張りましょう。

もし聖書が神様に関する私たちのアイデアに反対するなら、サドカイ人たちと違って、その言葉を捨てずに受け入れましょう。そうすれば、私たちは神様をもっと知るようになり、神様ともっと親しい関係ができます。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中