マタイ22:15-22;マルコ12:13-17;ルカ20:20-26--神様の物を返すこと

私は税金を支払うのが大嫌いです。毎年の三月に確定申告を書き込むのはとても大変です。その時、お金を返してくれるけど、六月になると、税金はとても大変です。私はマンションを買ったので、そのために毎年税金を支払わなくてはならないし、市民税や県民税も支払わなくてはなりません。

税金を支払うのが好きな人などいないと思います。でも、イエス様の時代では、ユダヤ人たちは特に支払いたくありませんでした。なぜなら、彼らはイスラエルを征服していたローマ帝国に支払わなくてはなりませんでしたから。

だから、パリサイ人たちとヘロデ党の者たちは、イエス様を罠に陥れるための完璧な疑問があったと思いました。

彼らはこう訊きました。

先生。私たちは、あなたがお話になること、教えになることが正しく、またあなたが人を分け隔てせず、真理に基づいて神の道を教えておられることを知っています。ところで、私たちがカエサルに税金を納めることは、律法にかなっているでしょうか、いないでしょうか。(ルカ20:21-22)

もしイエス様は払わなくていいと言うと、ヘロデ党の者たちがローマ帝国にその言葉を伝えて、イエス様は反逆者として捕まえられたでしょう。

その反面、イエス様が税金を払うべきだと言うと、ユダヤ人の間で、イエス様の人気は減ってしまったでしょう。

でもイエス様は彼らの動機をよく知っていました。だから、もう一度イエス様は彼らの質問に別の質問で答えました。

まずイエス様は彼らに税金を払う用の銀貨の一個を見せてくれるように頼みました。そして、イエス様は彼らに訊きました。

だれの肖像と銘がありますか。(ルカ20:24)

彼らは、「カエサルのです」と答えました。

すると、イエス様は言いました。

では、カエサルのものはカエサルに、神のものは、神に返しなさい。(ルカ20:25)

イエス様が意味したものは何でしたか。

「あなたはカエサルのお金を使っているでしょう?カエサルのお金を使ったら、実は、そのお金はカエサルに属する物でしょう?だから、カエサルに属するものを返しなさい。」

しかし、イエス様は続けました。

「でもあなたたちは、より大切なことを覚えていなくてはいけません。神様に属するものを神様に返しなさい。」

その言葉を通して、イエス様はローマの主張を巧みに反ばくしたし、ユダヤ人たちに大切な教訓を教えました。

ローマ帝国はカエサルが神だと主張しました。実は、その銀貨にその言葉がそう書いてありました。でもイエス様ははっきりとカエサルと神様を区別します。

「カエサルという人間に、彼に属するものを返しなさい。でも本当の神に、神に属するものを返しなさい。」

でも私はイエス様の二つ目のポイントについて話したいと思います。ローマの帝国の銀貨に、カエサルの肖像と銘が彫られたように、私たちに、神様の肖像と銘が彫られています。

聖書によれば、神様は人をご自身のかたちとして創造されました。(創世記1:26-27)

そして、パウロはこう言いました。

あなたがたが、私たちの奉仕の結果としてのキリストの手紙であることは、明らかです。それは、墨によってではなく生ける神の御霊によって、石の板にではなく人の心の板に書き記されたものです。(第二コリント3:3-4)

神様は自分の名前を私たちの心に書いて、私たちが神様に属するものであることを明らかにしました。時々、私たちに彫られた神様の肖像は、私たちの罪のため歪んでいるけど、パウロはこう書きました。

私たちはみな。。。鏡のように主の栄光を映しっつ、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられています。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。(第二コリント3:18)

それでは、私は何を言おうとしているのでしょうか。

私たちは神様に属するものです。だから、私たちは神様に属するものを返さなくてはなりません。それはただのお金ではありません。それは私たちの命です。

あなたは神様に属するものを神様に返すでしょうか。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, ルカの福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中