ヨハネ12:42-43--誰からの栄誉を求めるか

聖書の中で、これは最も切ないの言葉の一つです。

しかし、それにもかかわらず、議員たちの中にもイエスを信じたものが多くいた。ただ、会堂から追放されないように、パリサイ人たちを気にして、告白しなかった。彼らは、神からの栄誉よりも、人からの栄誉を愛したのである。(42-43)

この個所では、私たちは隠れた信者たちを見ます。彼らはイエス様の奇跡を見たり、その教えを聞いたりして、イエス様を信じるようになりました。でも、彼らは誰にもそう言いませんでした。なぜなら、彼らは会堂から追放されたくないと思ったから。その文化では、会堂から追放されるとは、ユダヤ人の社会から追放されることでした。

でも、彼らの決断が表したのは、彼らが神様を喜ばせるよりも、周りの人との歓心を買いたいと思ったということです。

もし、サタンがあなたがクリスチャンになることを阻止できないなら、あなたが自分の信仰を周りの人々に伝えることを阻止しようとします。どうやって、サタンはそうするでしょうか。サタンはあなたに訊きます。「もし周りの人々に伝えたら、彼らはどう反応するだろうか。」

時々、その反応は明らかです。あなたの友達や、家族はあなたを拒絶するでしょう。その議員たちは、その板挟みに直面しました。イエス様のことを信じると言うと、彼らは会堂から追放されたでしょう。

でも多くの場合、私たちは相手がどう反応するかわかりません。しかし、私たちは悪い反応を恐れます。私が中学生と高校生の時、私はそう感じました。私が高校生二年生の時まで、私がクリスチャンであることを友達に伝えませんでした。なぜなら、私は彼らの反応を恐れたから。

でも神様は私たちがそのように生きることを望みません。神様は私たちが周りの人々に触れるに望みます。でも、私たちが恐れに支配されたら、私たちはそうできません。

私たちの信仰のために私たちを拒絶する人がいます。全ての人が私たちを愛するわけでもありません。イエス様が完全な人なのに、彼を憎んだ人がいました。どうして私たちは違う反応を期待するでしょうか。

だから、相手が私たちを拒絶することを心配しないでください。私たちの信仰を大胆に伝えて、その結果を神様に委ねましょう。

イエス様の言葉を覚えていましょう。

ですから、誰でも人々の前でわたしを認めるなら、わたしも、天におられるわたしの父の前でその人を認めます。しかし、人々の前でわたしを知らないと言う者は、わたしも、天におられるわたしの父の前でその人を知らないと言います。(マタイ10:32-33)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨハネの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中