マタイ21:1-11;マルコ11:1-11;ルカ19:28-44;ヨハネ12:12-19--私たちに平和を与えるもの

この個所で、イエス様はエルサレムにようやく着きました。そして四つの福音書を読むと、ユダヤ人たちの興奮がよくわかると思います。彼らは叫んでいました。

「ホサナ、ダビデの子に。」

「祝福あれ、主のみ名によって来られる方に。」

「ホサナ、いと高き所に。」(マタイ21:9)

また、

「祝福あれ、われらの父ダビデの、来るべき国に」(マルコ11:9)

そして、

「天には平和があるように。栄光がいと高き所にあるように。」(ルカ19:38)

そして最後に、

「ホサナ。祝福あれ、主のみ名によって来られる方に。イスラエルの王に。」(ヨハネ12:13)

大騒ぎのため多くの人々は、「一体これは何の騒ぎだ?この人は誰だ」と訊きました。そして、ほかの人たちは答えました。「この人はガリラヤのナザレから出た預言者イエスだ。」(マタイ21:10-11)

ヨハネによれば、その大騒ぎの理由の一つは、多くの人々はまだ、ラザロの復活について話していたことです。(ヨハネ12:17-18)

最初は、パリサイ人たちはイエス様に言いました。

先生、あなたの弟子たちを叱ってください。(ルカ19:39)

でも、イエス様がその願いを断ると、彼らはつぶやきました。

見なさい。世はこぞってあの人の後について行ってしまった。(ヨハネ12:19)

でも、イエス様がエルサレムに近づいてその都市を見た時、喧噪の中で、イエス様は泣いてこう言いました。

もし、平和に向かう道を、この日おまえも知っていたらーー。しかし今、それはおまえの目から隠されている。やがて次のような時代がおまえに来る。敵はおまえに対して塁を築き、包囲し、四方から攻め寄せ、そしておまえと、中にいるおまえの子どもたちを地にたたきつける。彼らはおまえの中で、一つの石も、ほかの石の上に積まれたまま残してはおかない。それは、神の訪れの時を、おまえが知らなかったからだ。(ルカ19:42-44)

西暦70年、その聖書に書かれている出来事が起こりました。タイタスというローマの将軍は、エルサレムとその神殿を破壊しました。

どうして神様はそれを許したでしょうか。なぜなら、ユダヤ人たちは神の訪れの時を認識しなかったから。だから、彼らは神様の平和を逃しました。彼らの心の中の平和を逃したし、神様との平和を逃しました。

そのように、神様が私たち一人一人に来ると思います。ローマ人への手紙1章によれば、神様のことを聞いたことがなくても、全ての人々は神様のことがわかります。彼らは星空を見て、また、周りの自然を見るとき、多分聖霊様は、彼らの心にこう言うでしょう。「これは偶然じゃないですよ。これはデザインされたものです。あなたが作った偶像はこれを作ることができません。真の創造者を求めなさい。」

もしくは、教会で、彼らはイエス様について聞くかもしれません。または、彼らの友達はイエス様について教えてくれます。

その時、彼らは分かれ道に立ちます。彼らはどうするでしょうか。彼らは聞いて、従うでしょうか。もしくは、その言葉を拒絶するでしょうか。神様に従うと、彼らは神様との平和と永遠の命を知ります。でも、彼がその言葉を拒絶すれば、裁かれます。

あなたはどうですか。今神様はあなたを呼んでいます。今日は救いの日です。今日イエス様を受け入れませんか。

イエス様、私は罪を犯しました。私は自分の道を行って、あなたを傷つけました。それに、私は周りの人々を傷つけたし、私自身をも傷つけました。私を赦してください。あなたが十字架で私の罪のために死んでくださることを信じます。あなたが三日目に蘇られたことを信じます。あなたの愛を感謝します。私を救ってください。私の王になってください。私の主になってください。私はこれからあなたに従います。イエス様のみ名によって祈ります。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, ヨハネの福音書, ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中