ルカ19:11-28--キリストを拒絶することを主張すると

このたとえ話では、もう一つの大切なポイントがあります。

イエス様はこう言いました。

ある身分の高い人が遠い国に行った。王位を授かって戻って来るためであった。。。一方、その国の人々は彼を憎んでいたので、彼の後に使者を送り、「この人が私たちの王になるのを、私たちは望んでいません。」と伝えた。さて、彼は王位を授か[りました]。(12,14-15)

実は、このたとえ話は実話を基にしています。ヘロデ大王が亡くなったとき、彼の息子ヘロデス・アルケラオスは王位を授かるためにローマに行きました。(なぜなら、ローマの皇帝はイスラエルの本当の支配者だったから)。

でも、ユダヤ人たちは大使を皇帝アウグストゥスに送って、「ヘロデス・アルケラオスが私たちの王になるのを、私たちは望んでいません。」と言いました。

最終的に、ヘロデス・アルケラオスは、ユダヤを支配したけど、王位を授かることができませんでした。

そのように、イエス様は天の父から王位を授かるのを待っています。でも今なお、多くの人々はイエス様を憎んで、「この人が私たちの王になるのを、私たちは望んでいません。」と言います。でもヘロデス・アルケラオスの場合と違って、彼らがそれを望もうが望むまいが、イエス様は王になります。

そして、彼らがイエス様に反対することを主張すると、たとえ話の人たちのように彼らは裁かれます。

あなたはどうですか。あなたはイエス様をあなたの王として受け入れているでしょうか。それを望もうが望むまいが、イエス様は王になります。だから、イエス様に反対するために裁かれるよりも、イエス様にあなたの人生を捧げた方が良いでしょう。

私は、地獄の話であなたが怖がることを望みません。神様の愛と恵みは、もっと幸せな話です。そらに、神様はあなたを本当に愛しています。神様との和解ができるように神様は、イエス様をこの世に送ってくださいました。そして、私たちの罪のために、イエス様は十字架で死んでくださいました。

でも、神様の賜物を拒絶すると、また、イエス様をあなたの王として拒絶するなら、あなたは裁かれます。

ヨハネはこう書きました。

御子を信じる者は裁かれない。信じない者はすでに裁かれている。神様のひとり子の名を信じなかったからである。(ヨハネ3:18)

あなたは選択しなくてはいけません。あなたはどうするでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ルカの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中