マタイ19:13-15;マルコ10:13-16;ルカ18:15-17--子供のように

イエス様が弟子たちを子供たちを追い出すために責めた時、イエス様はこう言いました。

子供たちを、私のところに来させなさい。邪魔してはいけません。神の国はこのような者たちのものなのです。まことに、あなたがたに言います。子供のように神の国を受け入れる者でなければ、決してそこに入ることはできません。(マルコ10:14-15)

子供のように神の国を受け入れるとは、どういう意味でしょうか。子供の性格はどんなものでしょうか。

1.彼らは人々を全面的に信頼します。年が過ぎ去り、いろんな傷や、嘘や、裏切りのため彼らの心が堅くなるまで、彼らは人々が言うことを信じ、全然疑いません。私たちはそんな心を持つべきです。

罪とは、基本的に神様に対する信頼の欠如ということです。つまり、私たちは神様にこう言います。「あなたの言葉を信じません。あなたが私の最善を望むことを信じません。だから、私は自分の道を行きます。」

でも、そんな態度を持っていれば、私たちには決して神の国に入ることができません。

2.彼らは全く大人に依存することです。そして、彼らはそのことを認めます。彼らには自分の料理が用意できないし、服やほかの必要なものを買えません。彼らはそのものをもらうために、自分の両親に依存しています。

そのように、どれぐらい私たちが神様に依存しなくてはいけないことがわからないなら、私たちには決して神の国に入ることができません。なぜなら、私たちには救いを買うことができないから。また、私たちには、救いのために働くことができません。むしろ、私たちは神様の恵み、またイエス・キリストの十字架の御業に頼らなくてはなりません。

それは、あまりにも簡単すぎるので、多くの人々にはその真理を受け入れられません。また、彼らはその真理を信じたくありません。彼らは自分の救いを買えると思いたいのです。または、彼らは自分の救いのために働けると思いたいのです。彼らに何もできないことを認めたくないから。

でも、私の最初のポイントに戻ります。彼らは、神様を全く信じるように学ばなくてはなりません。

イエス様はこう言いました。

神が遣わした者をあなたがたが信じること、それが神の御業です。(ヨハネ6:29)

あなたはどうですか。子供のような心を持って、神様の前に来るでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, ルカの福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中