マタイ19:1-12;マルコ10:1-12--どうして離婚はそんなに痛いでしょうか

離婚はとても難しいトピックです。なぜなら、離婚に関連する痛みはとても深いから。日本でも、離婚率はだんだん上がる一方です。だから、私たちは真剣に結婚と離婚に対するイエス様の教えを見るべきだと思います。

パリサイ人たちはイエス様のところに来て、こう訊きました。

何か理由があれば、妻を離婚することは律法にかなっているでしょうか。(マタイ19:3)

その時代でも、それは論争的な問題でした。どんな理由でも離婚してもいいと思ったパリサイ人たちもいたし、性的な罪だけが、正しい理由だと思ったパリサイ人たちもいました。

実は、多くのパリサイ人たちは離婚していました。多くの場合、彼らはほかの女性と結婚したいと思ったから妻を離婚しました。もちろん彼らは姦淫を犯したくなかったけど、別の女性と付き合おうと思ったので、妻を離婚したのです。

多分、山上の垂訓とこの個所では、イエス様が特にその問題について話していると思います。つまり、「あなたと結婚していない人と寝なくても、もし、別の女性に付き合うために、あなたの妻を離婚したら、神様の目では、それは姦淫だ」ということです。

とにかく、イエス様はパリサイ人の質問にこう答えました。

あなたがたは読んだことがないのですか。創造者ははじめの時から「男と女に彼らを創造され」ました。

そして、「それゆえ、男は父と母を離れ、その妻と結ばれ、二人は一体となるのである」と言われました。

ですから、彼らはもはや二人ではなく一体なのです。そういうわけで、神が結び合わせたものを人が引き離してはなりません。(マタイ19:4-6)

イエス様は律法の専門家の意見を全く無視して、聖書を示しました。そして、聖書によって、イエス様は結婚が何であるべきかを説明しました。

結婚とは、男と女が一体となることです。彼らはもはや別々のものではありません。彼らは結ばれて、一体となったのです。

時々、人々は疑問に思います。「どうして、神様はセックスが夫婦だけのためだと命令するだろうか。」

主な理由は、男性と女性が一緒に寝ると、彼らは結ばれるからです。それが肉体的な結びだけではなく、彼らは精神的にも結ばれます。彼らの魂も結ばれます。

あなたはボンドを使ったとき、うっかり指を二本貼り合わせたことがあるでしょうか。もし無理やりにその指を引き離そうとしたら、どうなるでしょうか。肌が傷ついてしまうでしょう。

そのように、夫婦が離婚すると、きちんと別れられません。肉体的と精神的な結びのため、彼らの魂は裂かれます。

また、結婚していない人たちの場合でも、彼らが一緒に寝ると、彼らが別れるなら、その魂の結びのため、彼らの魂が裂かれてしまいます。

でも、結婚しても、結婚しなくても、カップルの関係が長く続けば続くほど、別れる痛みはひどくなります。なぜなら、性的に結ばれたし、彼らが一緒に経験したもの(良くても悪くても)に結ばれたから。

なぜ離婚がそんなに苦しいでしょうか。この個所で、イエス様はその理由を教えます。離婚は私たちの魂の部分を裂きますから。永遠まで続くはずのものが、つまり、体の一致、心の一致、魂の一致は裂かれました。だからイエス様は命令します。

「神が結び合わせたものを人が引き離してはなりません。」(マタイ19:6)

それでは、離婚の痛みは決して癒されられないでしょうか。神様は離婚した人を赦してくださらないでしょうか。

そういうわけではありません。

でも私たちは二つのことを理解しなくてはいけません。

一つ目は、神様は結婚を永遠のものとしてデザインしたことです。

二つ目は、私たちが神様のデザインを拒絶するなら、痛みは自然な結果のことです。

それでは、どうして、人々は離婚するでしょうか。次の記事でそのことについて話そうと思います。

 

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: マタイの福音書, マルコの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中