ヨハネ11:45-57;12:9-11--真理を認識すること

私は前にも言いましたけど、パリサイ人たちと祭司たちの大きい問題は、彼らがイエス様の言葉を聞き、イエス様の御業を見たにもかかわらず、まだイエス様を信じなかったことです。

だから、この個所で、彼らは危機に直面しました。

イエス様はラザロを復活させたし、彼らはその奇跡を否定できませんでした。皆は、ラザロが4っ日間死んでいたのに、イエス様が彼を復活させたことを知っていました。だから、たくさんの人々はイエス様を信じるようになりました。

でも、パリサイ人たちと祭司たちの反応はどうだったでしたか。

「私たちはイエス様の御業をよく知っています。私たちはその奇跡を否定できません。でも、私たちはまだ信じません。」

イエス様がメシアだという証拠があったのに、彼らはどうしてもイエス様を信じませんでした。

その反面、彼らはユダヤ人たちの反応に思い悩みました。つまり、ユダヤ人たちがイエス様を王にしようとすれば、ローマ帝国はイスラエルの土地と国民を奪い取る、ということです。

ヨハネは、大祭司カヤパの言葉の皮肉さを認識しました。カヤパはこう言いました。

あなたがたは全然何もわかっていない。ひとりの人が民の代わりに死んで、国民全体が滅びないほうが、あなたがたにとって得策だということも、考えに入れていない。(49-50)

カヤパが意味したものは、ローマが彼らの国を奪い取るよりも、イエス様が死んだ方がいいということです。

でも、ヨハネは、こう解説しました。

ところで、このことは彼が自分から言ったのではなくて、その年の大祭司であったので、イエスが国民のために死のうとしておられること、また、ただ国民のためだけでなく、散らされている神の子たちを一つに集めるためにも死のうとしておられることを、預言したのである。(51-52)

自分自身の口から出る真理が認識できないくらい、プライドと野心が彼らの目をくらましていました。

あなたはどうですか。真理を聞くとき、その真理が認識できるでしょうか。

イエス様は、「私は真理だ」と言いました。

真理がわかるようになるためには、あなたは一つのことを認めなくてはなりません。つまり、イエス様が生ける神の御子キリストであることです。それを認めるまで、あなたは真理を決して認識できません。

あなたはどうですか。真理が認識できるでしょうか。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨハネの福音書, 福音書, 新約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中